「インディ2.0」 自分なりのライフスタイルの法則

精神的、経済的に自立したナチュラルな生き方

コミュニケーション

感情と向き合うこと

「感情は宝物なんだよ!」 しっかり受け取らないと!! と お試しコーチングセッションを うけたコーチングを なりわいとしている方に 叱咤激励を受けたのは 昨年末 もともと感情的で喜怒哀楽が 顔に出てしまう人間なので いかに相手に不快感を 与えないよう…

男性の2極化

日本は格差社会と 言われはじめて 久しいですが 終身雇用制度や 年功序列制度が 崩壊したせいか 日本人男性全体が 自信をなくしてしまって いるような気がするのは 私だけでしょうか? 太一さんの講座で ワークをご一緒させていただいた 田原さんの著書を読…

名前の読み間違い

Michelle84はもちろん ブログ上のペンネームなのですが 本名の漢字名は 結構読み間違えられるこ ことが多いので 初対面の方が 「ケアレス」かどうかを 私はそれで 判断しています 名刺交換だけが目的の方は てきめんにこの傾向がでます 私の本名の読み方は …

行動量

人間は変化を嫌う動物 私も昔はそうでした 就職活動をする際に 自分で決めた生き方として 「どこでも生きていけるようになりたい」 がそれ以降、私の生き方への 考え方のベースに なっていたかと思います だからこそ 可能性に貪欲に 興味のあることには 手当…

さとり その1

先日のブログで 「差」について 書いたのですが 類書研究の一環で 手にした本にも 「差」の話が 今回の本はこちら 夢がかなうとき、「なに」が起こっているのか? 作者: 石田久二 出版社/メーカー: サンマーク出版 発売日: 2014/07/23 メディア: 単行本 この…

市場のニーズ

英語を教えない英語講師ですが なぜかというと 文法が苦手だから 「これ以上聞かないで!」 のシチュエーションは できるだけ避けたい笑 ここはあえて自慢させていただきますが TOEIC は900点超えですが リスニングセクション満点で 得点稼ぐ。みたいな戦術…

人生の脚本

なんだか最近こんな本ばっかり笑 人生100年のLIFE SHIFT から始まって 自分の人生をどうクリエイトするか これも類書研究の一環ですが いまさらですが小山竜央さんの本 初めて読みました ストーリー思考で奇跡が起きる~1%の成功者だけが知っている「人生の脚…

夢をかなえるゾウ その3

その1からの続きモノ 今回はこちらのレビュー 夢をかなえるゾウ 作者: 水野敬也 出版社/メーカー: ミズノオフィス 発売日: 2013/04/23 メディア: Kindle版 この商品を含むブログ (9件) を見る そして最終課題が続きます その2は 「サービスとして夢を語れ…

神様の実現したいこと

今日は9月1日 おついたち参りの日です 最近引き寄せとか 神様とか 宇宙さんにお願いするとか 本の企画も それっぽいことを 編集の方に提案されたりとかで 「ソフトスピ」はいっちゃってますが (*ソフトスピ ゆるーいスピリチャル) これもそれも 日本人が…

愛すること

今年の8月は 一生思い出に残る 8月になりました 自分の軸が定まらなかった 6月にうけた マゼンダの魔女ことちひろさんの占い その時にちひろさんに 言われた 今年の下半期の運勢 8月のテーマは 「Strength」 =「力(パワー)」だったのですが これは「女性的…

老後の不安を解消する方法

老後が不安という人で どれだけの人が 対応策を持っているのでしょうか? と、どこかの金融商品の セールスライティングのような 始まりから 今回は始めてみましたが そもそも人間は 「不安」(恐怖)が 行動のモチベーションに 1つになります あとは 「報…

自分の立ち位置

会社員時代に リストラ4回されているので 転職活動経験は 人よりも多く経験しています 最後の方は 自分が働く場所(会社)も 成長ステージで選んでいました 「草創期」→「拡大期」 のフェーズが大好物です笑 森本千賀子さんの "社長が欲しい「人財」!"を読…

自己中(じこちゅう)

研修でマレーシアに 行った時に 基本、団体行動なので 度々、班長やリーダーに 任命されたのですが その時の学びとして 「基本人間は自己中」 と思っておいたほうがいいよ。 と先輩からのアドバイス それ以降何があっても 「この方聞いてないや。だって人間…

英語で道案内

昨日ははじめての 自分主催で英語を習いたい人 向けのイベントを行いました こちらのビジネスを推すのではなく 相手の利益になること これをうけたら A→Bになれること を念頭に ニーズがありそうな 「英語で道案内」を タイトルにしたのですが 相当道を聞か…

「引き寄せ」の教科書 その2

前回からの続きモノ 類書研究編 今回はこちら 「引き寄せ」の教科書: スッキリわかる!「思考が現実化する」しくみと方法 作者: 奥平亜美衣 出版社/メーカー: アルマット 発売日: 2014/01/28 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (4件) を見る こちらの本…

「引き寄せ」の教科書 その1

前回のブログに続く 類書研究編 今回は 「引き寄せ」の教科書 「引き寄せ」の教科書: スッキリわかる!「思考が現実化する」しくみと方法 作者: 奥平亜美衣 出版社/メーカー: アルマット 発売日: 2014/01/28 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (4件) を…

自己肯定感

英語を教えて欲しい とよく言われます ということで 一番わかりやすい 私への市場のニーズは 「英語を教えること」 なんだと思い パズルイングリッシュというメソッドの インストラクター講座を受け 修了したのですが 講座を受けていて思ったのは どうやら私…

波動

引き寄せの法則の類書を 読んでおります 正直にいいますと どの本も たいてい言っていることは同じで 「日々の行いを良くすると求めていたものを引き寄せる」 的な感じで書いており あとは作者がどれくらい 権威性があるのか ファンがいるのか という差ぐら…

ディグラム

先日新しいパートナーに 「Michelle84は何型?」と聞かれました てっきり血液型だと思って 答えたところ 「血液型以外は何型?」と クリエイティブな彼らしい 別の角度の質問がとんできました ◯◯型って おもいつかないなー ってちょっと考えたあとに そうだ …

こどもの居場所

お盆に実家に帰省していました 兄夫婦には子供が一人います 私には子供がいないので 私の両親にとっては 初孫であり 唯一の孫 男の子で内孫なので うちの両親は溺愛(笑) 甥が私の両親を 「じいじ」「ばあば」とよび 両親を 「とおと」「かあか」とよび 新…

お盆

久しぶりに実家で 夏のお盆を過ごしています いままでは 海外旅行に行っていたり 旦那の実家だったり 外資系勤務だったため そもそも休みではなかったり 帰省ラッシュが苦手だったりと いろいろ理由をつけて 私の実家にはこの時期に 帰ってなかったので ホン…

100個

突然ですが あなたの大切な人の 好きなところ いいところを 100個あげることができますか? コミュニケーションスキル向上の 1つとしてまずは 相手の良いところ 好きなところ 尊敬できるところ 見習いたいところ などを10個見つけて 相手に伝えること そうす…

嫌われる勇気 その4

いまさら感漂う 「嫌われる勇気」 その1からの続きもの 嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え 作者: 岸見一郎,古賀史健 出版社/メーカー: ダイヤモンド社 発売日: 2013/12/13 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (108件) …

嫌われる勇気 その3

いまさら感漂う 「嫌われる勇気」 その1からの続きもの 嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え 作者: 岸見一郎,古賀史健 出版社/メーカー: ダイヤモンド社 発売日: 2013/12/13 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (108件) …

嫌われる勇気 その2

いまさら感漂う 「嫌われる勇気」 その1からの続きもの 嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え 作者: 岸見一郎,古賀史健 出版社/メーカー: ダイヤモンド社 発売日: 2013/12/13 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (108件) …

嫌われる勇気 その1

私は流行りものに関しては 「イノベーター理論でいうところの」 レイト・マジョリティ気味 ということで それを体現するような 形ではありますが いまさら感漂う 「嫌われる勇気」 嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え 作者: 岸見一郎,古賀史健…

情報の価値

以前一緒に働いていた子(男性)から 「Michelle84さんの周りでFXのコンサルか指導している人いないですか?」 というメッセージがありました 情報源として頼ってくれるのは 嬉しいのですが 背景がわからないと どのレベルの人を 繋いだらいいものか 何を知…

傾聴

今月は事業計画を固める月 ここ数ヶ月で 出会う人のレベルのステージが 上がった感があり それを踏まえて アイデアのピースは 出てきているのですが それをどう組み立てるか 相手にどうベネフィットがあるのか? それってやってみないと わからないんだよな…

風度

風度は 「ふうど」と読むそう 先日のブログで 課題図書をご紹介しましたが 小説 項羽と劉邦 (講談社文庫) 作者: 童門冬二 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2009/07/15 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (2件) を見る 「はじめに」で 早速エッセンスがで…

本日7月24日は 父の誕生日 うちの母はハレの日 大好物人間なので 母の誕生日は お祝いしますが 父の誕生日は 存在感が薄く 実はおめでとうとかお祝いしたのって いつだろう?って感じの 親不孝者です 起業するにあたり 自分のルーツを調べていたのですが 親…