「インディ2.0」 自分なりのライフスタイルの法則

精神的、経済的に自立したナチュラルな生き方

another sky  その2

 以前もanother skyを

ネタにブログを書いたのですが

小島瑠璃子(こじるり)さん編をみて

思うところがあったので

同じタイトルで再投稿

 

彼女は中2のときに

地元の姉妹都市である

アラバマ州モビール市に

2週間滞在したそう

交換留学というには

ちょっと語弊がある

海外体験学習のような滞在だったかと

 

私も同じように

高校2年生の時に

カナダのバンクーバー

地元から選考を通った

15名の学生と

10日間の日程で

ホームステイや

現地の学校訪問

観光などをした

経験があり

彼女のanother skyを

「そうそう!」と

共感しながらみたのでした

 

「自分の住んでいる世界っていうのが、小・中学校のときはその地域がすべて。そこですべてだと思っていると、落ち込むし、絶望する。ここで上手くいかなくても自分の居場所がないわけじゃない」

 

そして

「世界を広げる可能性は”やってみようと思うかどうか”と思った」

と、こじるりさん

自分が想像できない世界に挑戦

ホリプロタレントスカウトキャラバン

33,910人のなかからグランプリを受賞

 

進学した高校が

肌にあわず

しんどかった私も

同じように

「カナダで産まれたかった!」

「日本に帰りたくない!」

と思った記憶があります

 

それから英語を得意科目に

すべく注力して

まずは地元からでれるように

あわよくば第一志望の大学にある

カナダに留学できる

プログラムに参加できるようにと

志望校を定め

あと1年半の辛抱

この我慢を超えた先に

世界は広がる

と信じて

誰にも明かさず

ガリ勉の日々でした

 

結果、志望校に合格し

うっかりいけたらいいな。くらいに

考えていたカナダ留学も

学内選考を経て果たしたことに

その時の成功体験や手に入れたモノは

いまでも私のベースとなっています

 

イメージしたことは

現実化するし

時間がかかっても叶うものだと

 

「信じて目の前のことを愚直にやる」こと

 

習い事の先輩が言っていました

 

「モチベーションを保つ。というよりも、自分がやりたいことを諦めるの?って話ですよ」

 

確かにそうなんです

 

人にあげてもらう

モチベーションは

本物の動機ではありません

 

あなたには自分で自分が奮い立つ「思い」ってありますか?

 

今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました

Nice meeting you:-) 

 

Michelle84でした