「インディ2.0」 自分なりのライフスタイルの法則

精神的、経済的に自立したナチュラルな生き方

景色

”今日からいつもと同じ景色が変わって見えたらそれが「人生が変わる」です”

 

私の誕生日のブログ

にも書いた一文ですが

これは新しいパートナーが

なんの脈略もなく

LINEに送ってきた文章

 

その時は

彼には「景色」という

視点があるのだと

ちょっと嬉しかったりしたのですが

 

今回の類書本にこんな言葉が

英語で手帳をつけてみる

英語で手帳をつけてみる

 

 

 

The truly happy person is the one who can enjoy the scenery off the main road.

回り道をしたときにその景色を楽しめる人こそが真の幸せ者

 

「景色」というワードが

今年は気になるな~

と思ったので

 

同じ景色をみていても

感じるものや視点が違います

 

私はカナダに将来住みたいと

いう夢があり

彼も賛成してくれていますが

まずはこの年齢でカナダに行った時に

今の自分の目に

カナダという国が

どう移るのかが

実はちょっとドキドキしています

 

20歳の時にすごした

思い出がすでに

色あせている可能性も

また

自分の経験値が上がっているので

カナダという国が

貧素にみえてしまうのではないかという

一抹の不安もあったりします

 

カナディアンロッキー

雄大さは変わらずでしょうが

想像内だったりするのかなー

なんて思ったりも

 

人は思い出を美化する傾向にありますから

 

同じ景色なはずなのに

視点が変わると別の景色

 

食事と同じで

何を食べるかよりも

誰と食べるか

 

景色も

何をみるかよりも

誰とみるか

何がどう見えるか

なのかもしれないと

これまたちょっと

違う視点があることを

最近気が付きました

 

同じ駅までの道なのに

同じ路線に乗っているのに

同じ場所に来たのに

 

「景色」が変わって見えるんです

 

この感覚って

自分が変わった体感

と言い換えられるかも

 

人間は変化を嫌う動物ですが

景色がかわってみえたときの

なんだか「ひらけた感じ」

といっていいのかの新鮮さ

 

まだまだ

見ていない

見えていない景色が

あるんだろうな

そしてそのまだ見ぬ景色がみたい!!

 

あなたはこれまでに「いつも見ている景色なのに変わって見えた経験」ってありますか?

 

今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました

Nice meeting you:-) 

 

Michelle84でした