「インディ2.0」 自分なりのライフスタイルの法則

精神的、経済的に自立したナチュラルな生き方

英語で書く夢ノート

本の出版の企画で

類書は「引き寄せ」関連の

本を読んでいるのは

このブログの読者の方なら

うっすらご存知かとは思います

 

あるイベントで知り合った

出版社の編集の方が

「引き寄せ」X「英語」の

企画を温められおり

「Michelle84さん英語できる方ならどうですか?」

と企画を頂いたのが

きっかけです

 

確かに

引き寄せに必須な

「願いを書くこと」

を「英語」でって

あるようでなかったかも!

なんですよね

 

ただ、私もこれまでは

叶えたい夢を英語では

書いていませんでした

 

インディ」に関しては

すでにかなっており

次の次元である

「インディ2.0」を

このブログを

始める際に

書いたのですが

年収に関しては

パートナーがクリアしているので

うっすらかなっている状態

 

とはいえ

あくまで

自分でクリアできないと

意味がないので

改めて引き寄せることにして

でも、それが叶うまで

実例だせないじゃん?

というジレンマにも

おちいっております笑

 

まずは

セミナーからはじめて

徐々に参加者の方に

夢を叶えてもらって

それが事例として

続々増えて

みんなハッピーになる

という構想もあって

考えていたら

ワクワクしてきました笑

 

なぜ英語かというと

動詞を上手いこと使うことで

宇宙の法則にそって行うことができるんです

 

1.先ずはBe動詞で

自分のあり方を明らかにする

I am free. (私は自由だ)

 

2.Do動詞で行動

I seek/work for the choices 

(私は選択肢を求めている)

 

3. Have動詞で結果

I have a lot of choices to live well. 

(私は良い人生を送るための選択肢が沢山ある)

 

このカテゴリー分けって

私がやっている

パズルイングリッシュの

動詞の説明と一緒なんです!

 

パズルイングリッシュの

ベースにあるのは

「自己肯定感」なのですが

自己肯定感ありきで

英語を習得して

何かしらの

夢をかなえることができる

というフローが

この3ステップを

宇宙の法則として

提唱している方と

視点が同じで

偶然と思えない

 

手に入れたものがステキだから

幸せになるのではないのです

なにかすごい結果が得られたから

幸せではないのです

もうすでに幸せだから

ステキなものが手に入るんです

 

そして

それを英語で表現できたら

世界中に

あなたの「夢」は発信できますよね

そうなると

キャッチする人も

引き寄せる人も

世界レベルになり

ますます

叶う確率が高くなります

 

私は生年月日による

数秘術的には

「宇宙人」らしいので

ちょっと大きくでてみました笑

 

あなたは「英語で書く夢ノート」興味ありますか?

 

今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました

Nice meeting you:-) 

 

Michelle84でした