「インディ2.0」 自分なりのライフスタイルの法則

精神的、経済的に自立したナチュラルな生き方

男性目線

私にテーマカラーは

ネイビーと黄色

 

名刺入れも

スマホケースも

PCも

バックも

ワンピースも

ジャケットも

ネイビー祭笑

 

私のパートナーは

ファッション好きな人なので

そういった話もするのですが

ある時にぽろっと

 

スマホケースも買ってやらんとな。なんで男が使うようなの使ってんの?」

 

ん?

そう思ってたんだ・・・

 

私的にシンプルで

気に入っているんですけどね

 

そして彼と一緒に

買い物に行くと

彼が

「これ着てみて」と

差し出す服は

 

いやいや・・・

私こんなの自分では

絶対選びませんよ

っていう

色とデザインばかり

 

主にピンク系

デザインも

シンプルよりは

花柄とかの

デコラティブめ

 

平均的な体型なので

残念だけど

私のサイズがないの・・

ということは

ほぼなく

とりあえず

試着はいわれるままに

することに

 

試着してみて

自分では

違和感が残りつつも

パートナーに

「めっちゃいいやん」

と言われてしまうと

スポンサー様のご機嫌を

損ねるわけにはいかず

そこは買っていただくことに

なるのですが

 

せっかくなので

着ないのも

申し訳ないので

出かける際に

意識して着るように

していたら

感覚的ではあるのですが

周囲の対応が変わったのを

実感できるようになりました

 

それがまた

男性視点はもちろんですが

案外と

女性視点からも

評判がよいのです

 

そっか

そこが狙いだったんだ

彼の

 

そのことを伝え

素直にお礼をいい

古くからの友人から

「ネイビーのほうももちろん悪くはないけど、ピンクを着ている方はなんだろう、大事にしなきゃって感じ?」

と言われたことを

「スタイリストKさんさすが!」

という褒め言葉とともに

伝えたところ

 

満足気に

 

「そうやろ、人はギャップに惹かれるんやって」

「Michelle84は真面目な印象があるから、おとなしい色あいのを着るとそのまま。華やか目のを着て攻めてる感じがありつつも、実はあったかい人柄。っていうのがいいんだって」

 

これで気が付きました

私は、自分が”そうみられたい”

女性目線で見た

「スマートさ」を

表現した服を選択していて

男性側の視点を

全く考慮していなかったことを

 

男性にしたら

女性にはやはり

 

「華やかでいてほしい」

 

交流会とかセミナーとかに

ぱっと華やかな出で立ちで

いてほしい

という希望があると

 

そっか

服装って相手に対する

気遣いだったりもするから

そういったところを

パートナーは言ってるんだと

 

自分が着たいものではなく

相手が望むもの

すくなくとも

私は女性ウケよりは

男性ウケするタイプらしいので

男性目線の服装は

むしろ正解なのです

 

もちろん、基本的には

自分が好きなもの

着たらいいんです

服なんて

ただ、相手が望むものを

着るのも「気遣い」

こうしてまた彼に

育てられているのでありました

 

あなたは異性目線で服を選ぶことありますか?

 

今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました

Nice meeting you:-) 

 

Michelle84でした