「インディ2.0」 自分なりのライフスタイルの法則

精神的、経済的に自立したナチュラルな生き方

自分の使命にいたるまでの経緯 その9

こんにちは。

迷える「パンダ女子」

自分の「あり方」に気付いてほしいと

願い、導くことを決めた

パンダ先生です

 

S社の最後の方で

自分に持て余し感があった私

 

後々知ることになる

マヤ暦や

ストレンクスファインダー

ウェルスダイナミクス

によると

 

「マネジメント」

「問題解決」

「仕組み作り」

 

が好きで得意なタイプ

 

S社の社風も好きだったし

店長業は今思っても

天職だったとおもっているくらい

自分にもあっていたと思うのですが

 

そういえば

私「英語」と「マーケティング」に

携わってないじゃん

って気付いたんです

 

S社時代はありがたいことに

人材育成面で高い評価を

いただいていたので

 

その方面での

新しいポジションの提言

をしたりしていたのですが

受け入れられることはなく

 

既存のポジションにしても

関西にいる以上は

自分が望んでいたところは

望めない状態で

 

転職するにしても

外食産業に携わりたいわけではなく

 

そもそもS社のブランドが

全国に広がる過程を

みたかったというのが

入社理由だったので

 

すでに1000店舗を超えた時点で

いかに標準化していくかに

舵をきった会社の方針に

 

興味がなくなり

S社を辞めることを決意

 

今思えば

気がすすまないまま

次に仕事がないという

状態だけは避けたくて

 

「人材育成」という

スキルを武器に

学生のインターンを扱う会社に

制度を作る担当ということで

転職したのです

 

そしてやっているうちに

やはり興味がないことに

気がつくことになり

 

ほどなくして会社からも

関西支社がなくなるので

東京に異動できませんか?と

打診があったので

わずか3ヶ月で退職

 

その後は元お客さんで

個人事業主になるという方の

お手伝いをしたり

 

一旦主婦になってみて

失業保険をもらい

資格の勉強をしてみたりと

 

結婚していたおかげもあって

モラトリアムな1年を過ごしました

 

しかしながら

やはり自分に収入がないことや

 

やりたいことを

やれていない自分への

持て余し感はなきにしもあらず

 

なおかつ

専門性がないことが

自分の中でコンプレックスだったので

 

これからは

「英語」「IT」「会計」という

ウリ文句が気になってしまい

米国公認会計士の勉強をはじめるのです

 

今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました

Nice meeting you:-) 

 

パンダ先生でした

++++++++++++++++++

パンダ先生があなたの夢を

引き寄せ、叶える

お手伝いをします

 

まずはあなたの

もともと持っている

素質を知ることから

始めませんか?

 

あなたの「パンダタイプ」を知りたい方は

こちら(パンダ先生の部屋)へ

(私との1対1のやりとりになりますのでご安心を)

 

友だち追加

* 無料で、登録解除はいつでもできます。

++++++++++++++++++