「インディ2.0」 自分なりのライフスタイルの法則

精神的、経済的に自立したナチュラルな生き方

自分の使命にいたるまでの経緯 その10

こんにちは。

迷える「パンダ女子」

自分の「あり方」に気付いてほしいと

願い、導くことを決めた

パンダ先生です

 

米国公認会計士の勉強をはじめた私

今思えば

なんでもよくて

 

インプットしたかったんです

何かにチャレンジしたかったんです

 

 

そして何か専門性を持たないと!

と自分に自身がないばっかりに

資格に走った結果

 

途中で挫折しました笑

 

当時はアメリカまで

試験を受けに行けないと

行けなかったので

 

トータタル約200万円ほど

使った挙句の結果

 

 

私の記憶力を相当

過信していましたorz

 

時間とお金そして労力を

ムダにしたのです

 

同時に会計の知識のベースで

必要なので

簿記2級も勉強していたのですが

 

合格した段階で

英文会計の仕事を探し始め

 

ちょうどタイミングよく

新卒の時に入りたかった

外資系の消費財メーカーの

マーケティング部で

働けることになったのです!

 

担当は予算管理の仕事でしたが

世界に名だたる

マーケティング会社の

マーケティング部に属し

 

実際に市場に売られている

製品がどうやって

できていくのかを

 

垣間みれることは

私にとって非常に

貴重な経験でした

 

女性が働きやすい会社として

名が通っていることもあり

 

S社のような

風通しの良さもあいまって

非常に働きやすかったです

 

当時は派遣社員だったので

派遣会社の営業担当の方とも

ウマがあい

 

プライベートでも

ご飯をご一緒したり

彼女の結婚とかキャリアの相談にのったり(あれ?)

 

社内の方にも

よくしていだたいて

なかなか居心地は良かったのですが

 

派遣という立場上

新しいことにチャレンジできるわけでもなく

お給料があがるわけでもなく

 

社内にいて社員のポジションを

虎視眈々と狙っていたのですが

 

会社的に日本市場はすでに

見切りをつけていた段階だったので

 

私のいた部署は

シンガポールに移ることになり

あえなく契約切れとなったのでした

 

社風が独特なので

とても良く馴染んでいた私は

 

ありがたいことに他の部署への

移籍の話もいただいたのですが

 

客観的に見るとどちらにせよ

その会社は私にとっては面白くない

フェーズにあったのと

 

新卒の時に行きたかった会社

を垣間見れたことに満足できたので

別の職場を探すのでした

 

そしてこれが

通算4回となるリストラ幕開け

だったのだと

この当時は知るよしもありませんでした

 

今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました

Nice meeting you:-) 

 

パンダ先生でした

++++++++++++++++++

パンダ先生があなたの夢を

引き寄せ、叶える

お手伝いをします

 

まずはあなたの

もともと持っている

素質を知ることから

始めませんか?

 

あなたの「パンダタイプ」を知りたい方は

こちら(パンダ先生の部屋)へ

(私との1対1のやりとりになりますのでご安心を)

 

友だち追加

* 無料で、登録解除はいつでもできます。

++++++++++++++++++