読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「インディ2.0」 自分なりのライフスタイルの法則

精神的、経済的に自立したナチュラルな生き方

7つの習慣 その2

キャリア/働き方

新卒で会社員として

腐っていた時に

7つの習慣

を読んだことが

社会人として転機でした

 

7つの習慣-成功には原則があった!

7つの習慣-成功には原則があった!

  • 作者: スティーブン・R.コヴィー,Stephen R. Covey,ジェームススキナー,川西茂
  • 出版社/メーカー: キングベアー出版
  • 発売日: 1996/12/25
  • メディア: 単行本
  • 購入: 148人 クリック: 4,806回
  • この商品を含むブログ (777件) を見る
 

 

昨日の「7つの習慣 その1」

に続きますが

 

その中に

P/PC バランスという項目があります

基礎編 インサイド・アウトのパラダイム【P/PCバランス】|7つの習慣 セルフ・スタディ|フランクリン・プランナー・ジャパン株式会社

 

セールスライターの講師の言葉を借りると

「お金」ではなく「キャリア」にフォーカスするということ

P(目標達成)ではなくPC(目標達成能力)を高めること

 

私はここ最近

「再現性」

という単語によく

出くわしていたのですが

 

プロとアマチュアの違い

1流とそれ以下の違いは

 

「再現性があるかどうか」

 

多少表現は異なっても

私が最近気になっている

目標としている人たちは

同じことを言っているのです

 

P=お金を稼ぎたい

PC=じゃあどうやってそれを達成するの?

 

お金を稼ぐのは

まぐれでもできてしまうことがある

それよりもそのプロセスを

ちゃんと理解し

次回に同じように

適用できるかどうか

 

だからこそ

そういった方は

みんながみんな

同じように

「破産するのは全く怖くない」

そこでだいたいユーモアが入り

「だって命までとられないでしょ?(笑)」

が定番です

 

自分には「再現性」というリソースがあるから

 

「自分に投資しなさい」をするということは

実は「目標達成能力」を高めることを怠るなということ

自己啓発」とはその「目標達成能力」の精度を上げるためのものであり

そのためには「習慣の力」(実行する力)が伴わないと

ただの自己満足、時間の浪費に終わることになる

 

どこでも生きていけるようになること

経済的に自由になること

どこでもお金を稼げる能力を身につけること

 

結果、そういった人は

自己肯定感があるので

自信にあふれ

影響力を持つ人になるのだと

 

なんだか改めて

「PC=目標達成能力」のワード

身に沁みました

 

今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました

Nice meeting you:-) 

 

Michelle84でした