「インディ2.0」 自分なりのライフスタイルの法則

精神的、経済的に自立したナチュラルな生き方

幸福の5条件

スイスの心理学者

カール・グスタフユングによると

幸福の5原則は

1健康であること

2ほどよいお金があること

3美しいものに感動できること

4人とうまくやれる能力をもっていること

5朝目覚めた時、やるべき仕事があること

 

通勤ラッシュの時間に

電車に乗らなくなって久しいのですが

とある用事で

帰りが終電まぎわになり

金曜日の夜の

終電間際の電車に乗った時に

社内の雰囲気に

嫌悪感をいだきました

 

ずっとここにはいたくない

「陰」な空気が漂っている感

 

仕事のうさをはらすために飲んだと思われるアルコールに飲まれている人

スーツを着て疲れた顔で半分寝かかった人

席に座っている人は

寝ているか

スマホをさわっている

(読書とかではなさそう)

 

なんでしょう

自分が異国にいるような気がしました

 

冒頭の5条件でいうところの

1健康であること 

→疲れ切っていて、余力なし

2ほどよいお金があること

→あるかもしれないけど・・・その対価って?

3美しいものに感動できること

→そんな余裕なさそう

4人とうまくやれる能力をもっていること

→やれないから酔いつぶれるのでは?

5朝目覚めた時、やるべき仕事があること

→間違いなく「会社行きたくない」とおもってそう

 

満員電車が好きな人は

ほとんどいないと思います

でも、それに乗らなくて

いいようにしようと考える人は

案外少ないのかもしれません

 

会社員が悪いわけではないのですが

自分で選んだ働き方で

ユングの幸福の5条件

満たせている人って

どれくらいいるのだろうか?

 

もちろん独立したって

自由はきくけど

その他の不安定要素と

つねに向き合う必要はあります

(主に金銭面で)

 

20代で気がつくのか

40代で気がつくのか

定年後に気がつくのか

もしくは

亡くなるまで気が付かないのか

 

どちらにせよ

自分の人生なんだから

人のせいにはしてはいけない

 

今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました

Nice meeting you:-) 

 

Michelle84でした