「インディ2.0」 自分なりのライフスタイルの法則

精神的、経済的に自立したナチュラルな生き方

「美」

女性で事業を

されている方は

大きくわけて3種類

ビジネス系か

スピリチュアル系か

美容系

 

やはり女性なので

美容系の方が多く

なんとなくの

印象ですが

それぞれの共通項で

気がついたことが

 

ご自身の肩書とかで

「美人塾」とか

「美コンサルタント」とか

「美姿勢」とか

「美スタイリスト」とか

「美 笑顔」とか

 

「美」が必ず入っている

 

ファッションは好きだけど

メイクとかヘアとかに

関心が薄い

私にとっては

その方たちが

私にどれだけ必要で

また、他の「美」を

取り扱う方と

どう違うかが

よくわからなかったりします

 

昨日のブログ

コミュ障に

なった体験を書きましたが

「美」をウリにしている方とは

ちょっとお話がしずらい・・

 

「美」を商売にしている人は

総じて「美」に対する

こだわりが

顧客以外にも

およぶことが多く

あるメイクを専門に

している方から

わたしのいじっていない眉が

気になって仕方がないらしく

「整えたほうがいいわよー」

「私の生徒になったらいいわ」

と何度もいわれたことがありました

 

確かに眉は整えたほうがいいのは

わかっていますが

流行があるのも知っているので

その流行に今後

追いついていく気力と

モチベーション

そしてそこへの投資として

いまはまだ必要性がないと

思っているので

彼女は良かれと思って

いっているのでしょうが

どうしても

ゴリ押しな営業トーク

にしか感じず

ちょっと私が

頑ななのかもしれませんが

私的にその人に

「センス」を

感じないのです

 

わたしは基本

百貨店ゾーンでいうところの

1F化粧カウンターエリアを

苦手としておりますが

本気で眉を整えたいと思ったら

自主的にどこかのカウンターに

行くわ。と思っちゃいました

 

なにが苦手って

「美」を売りにしている人が

ガツガツしていること(笑)

もしくは

「美」とか言っておきながら

「あれ?」と感じる

美意識を疑うようなことがあること

 

男性専門としている

女性のスタイリストさん

と名刺交換をする

機会があったのですが

終始笑顔がなく

目が笑っていない(苦笑)

顔が小さく、目が大きい方だったので

ちょっと怖かったです

男性ってこういう人から

スタイリングしてもらいたいんだろうか?

って素朴に思いました

  

名刺やHPの写真は

もちろんエレガントな笑顔

その写真のイメージが

私の感じたイメージと

あまりにも乖離していたので

相手に与える印象まで

ちゃんと計算されているようには

感じず

 

それで独立されているから

それなりに需要はあるのでしょうが

私だったら

頼まないな・・。

 

上からですいません

 

本日は辛口でしたが

人の振り見てわが振り直せ。ですね

 

今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました

Nice meeting you:-) 

 

Michelle84でした