「インディ2.0」 自分なりのライフスタイルの法則

精神的、経済的に自立したナチュラルな生き方

アイスランド その1

初めての土地は

「○○っぽい。」

ってつい

他の場所と

比較しちゃう

 

アイスランド

来ています

 

友人との

年始の旅行

行き先に

ふと浮かんだのは

 

オーロラがみたい!!

 

オーロラハントには

北米

北欧

の選択肢があるのですが

実はカナダとかは

9月、10月でも

見れると知り

じゃあ無理に

マイナスの世界に

いかなくてもよくない? 

後、せっかく行くのに

別の楽しみも

ほしいよね

と急遽浮上したのが

アイスランド

 

昨日の夕方に

現地入りしたのですが

外の気温5℃

風はありますが

我慢できない

くらいではなく

 

レイキャビク

カラフルな世界最北の首都

 

街に近づく頃には

日もくれていましたが

まだクリスマスの飾り

や家々の電飾が

そのままで

夜間でも

十分素敵な

町並み

 

f:id:Michelle84:20170110123245j:plain

行ったことはないのですが

ノルウェーのベルゲン

カナダのセントジョン

同じくルーネンバーグ

と似ているのでは?

 

同じ白夜の国でも

家の中を明るくするのは

フィンランド

スウェーデン

家の外を

明るくするのは

ノルウェー

北大西洋

漁業で栄えた

海沿いの都市

 

となると

レイキャビク

地図的、位置的に

後者の中心

 

なるほど!

 

実は

レイキャビク

空港についた時の

若干の違和感

 

「あれ?北欧じゃない

むしろカナダより?」

と感じた訳は

そこだったの

かもしれません

 

アイスランド

欧州一法人税

安い国

もちろん英語も

できちゃう国民

賢いアメリカの

大企業は

下手に大陸に

おくよりも

地理的にも近く

税金も安い

この地を選ぶのは

経営判断としては

正しいわけで

 

アイスランド

地の利をいかし

欧州、北米ともに

とりこめる

 

国策としては

悪くない選択

 

これって

無駄に競争的にならず

持っている資源を

有効活用して

全体最適

考えられる

 

男女格差の少ない国

No.1の理由を

垣間見た気がしました

 

今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました

Nice meeting you:-) 

 

Michelle84でした