「インディ2.0」 自分なりのライフスタイルの法則

精神的、経済的に自立したナチュラルな生き方

仕事は「捨てメモ」でうまくいく

こちらの本の作者の

相葉光輝さん

先日お時間をいただき

お話を伺った後ではありますが

読んでみました 

仕事は「捨てメモ」でうまくいく
仕事は「捨てメモ」でうまくいく
 

 

会社員時代に

「パラレルキャリア」を目指し

ペンネームを使いつつ

セミナーを開いたり

投資を行ったり

会社員活動以外に

いろいろ活動されていた時に

書かれたというこの本

肩書は「捨てメモコンサルタント」と

されています

現在は

「個人のビジネスをフランチャイズ化する専門家」

としてアントレランドを主催されていらっしゃいます

 

セミナーや

いろいろな人と話をしていて

メモは取るので

手元に結構なメモが

ありますが

結局メモだけ

溜まって結果

読まない

という自分の性質は

わかっていたり笑

 

話を聞いている時に

その話そのものを

メモをとるのではなく

それを聞いてわいてきた

自分のアイデアや感情を

書くことに意味があると

 

確かにそういう

メモのとり方は

していませんでした

イデアなんかは

余白に書いたりするのですが

 

確かにその時間は

頭がフル回転で

これ終わったら◯◯やってみよう!

ってなるのですが

案外できずじまいなことも多く・・・

 

習慣が人をつくるといいますが

1日に5分でもいいので

「あなたはこの人生で何がしたいのか?」

を考えること

そして「思いついたことはすべて必ずメモをする」こと

これを行うだけで

人生でやりたいことを

引き寄せることができるとか

これは相葉さんの言葉を借りれば

「未来に向けた捨てメモを繰り返すことで、未来を変えることができること」

一番残念なのは

本来やるべきだった

達成したかった

ことを出来ないまま

生涯を終えてしまうこと

大事なことは

夢や目標にむかっての

「第一歩」を早く踏み出せるかどうか

そもそも夢や目標は日々日々

少しづつですが変わるもの

それが自然

その揺れ動く微妙な気持ちにこそ

ちゃんと向き合ってあげるべき

 

お会いした時に

いろいろとっちらかっている事を

吐露したのですが

「みなさんそうですよ。ただ言えることは僕もいろいろやりましたけど広く浅くは、どれもものになりませんでした。だから1つ何かしら本命商品をまずつくりましょう」

とアドバイスをいただきました

 

自分が何をしたいのか

ここ半年ずっーと考えているのですが

まだまだ絞りきれていないのが現状

 

いろんな人から

ヒントはもらっていると思うのですが

結局は捨てるのも決めるのも自分自身

 

収集癖があるので

捨てれない自分を

どう脱却するか

 

今回相葉さんとお会いして

頂いたヒントは

私も彼と同じく

 

「アイデアを形にしたい」

 

ということ

 

イデア出しバンザイ!!

ということで

今後も躊躇せず

メモメモしていきます(笑)

 

今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました

Nice meeting you:-) 

 

Michelle84でした