「インディ2.0」 自分なりのライフスタイルの法則

精神的、経済的に自立したナチュラルな生き方

秘密の石川県 その1

私は石川県の出身です

金沢(加賀、本州より)ではなく

能登(半島部分)なので

金沢とは文化圏が異なり

どちらかといえば

メンタリティは

富山県福井県

近いものが

 

加賀のお殿様に

年貢を納める

辛抱強い

農民たち

みたいなイメージ笑

 

他府県に出てからですが

「石川県」よりは

「金沢」といったほうが

より通じるのと

イメージがよいので

とりあえず

出身地は「金沢」と

言っておいてから

相手の反応をみて

訂正するようにしています

 

ちなみに私のパートナーは

お店の人とかに

ちょっと自慢げに

「彼女金沢の人だから」

と紹介します

そこはオトナの対応として

あえて訂正せず

 

実を言うと

金沢出身でない

石川県民的には

金沢のイメージは

どちらかといえば

それほどよくないので

 

秘密のケンミンショーという

番組がありますが

そこで石川県が

話題になった時にでた

住所の秘密

 

例えば

小松空港」の住所は

石川県小松市浮柳町ヨ50

松井秀喜ベースボールミュージアム」の住所は

石川県能美市山口町タ58

縁結びで有名な能登一宮の「気多大社」の住所は

石川県羽咋市寺家町ク1-1

日本一の旅館と名高い「加賀屋」さんの住所は

石川県七尾市和倉町ヨ部80番地

 

違和感を感じた方は

石川県民

(もしくは住んだことがある方)

ではありませんね

 

そうなんです

石川県の住所に

「カタカナ」がはいっているのは

普通で私はそれを

なんとも思っていませんでした

日本の田舎は

すべてそんな表記だと

思っていました

なので他府県にでた時に

◯丁目x番地△△

的な住所は

まさに都会の証拠!

と思っていたのですが

全国的にはそちらのほうが

メジャーで普通だったんで

 秘密のケンミンショーによると

住所にカタカナが入るのは

石川県だけとか

 

とはいえ

私の実家は比較的

新興住宅地扱いの土地のため

(田んぼをうめたてたエリア)

カタカナは番地に入っておらず

昔からある集落の住所には

だいたいカタカナがはいっており

こうして住所で

どれくらいの歴史があるか

判断されちゃうところが

あるのかもしれません

 

そして

◯丁目x番地△△

あたりの表記があるのは

どうやら

金沢市の中心部だけのようで

だから

「金沢って別格」と

金沢の人が思っているところが

鼻につくんだよねー

と金沢以外のケンミンは思うのでした

 

明日も私はなんとも思わなかった石川県民だけの習慣ご紹介します

 

今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました

Nice meeting you:-) 

 

Michelle84でした