「インディ2.0」 自分なりのライフスタイルの法則

精神的、経済的に自立したナチュラルな生き方

東京に来た理由

東京来て本当によかったー!

たのしー!!

と毎日のように言っています笑

 

FBの友人も

リアルであっている人しか

基本承認OKしないので

1つのバロメーターなのですが

約150人→約500人となり

格段に世界が広がっている感が

 

先日のブログで

おじいちゃんを

思い出すきっかけがあったので

 

michelle84.hatenablog.com

 

そうだ!

東京に伯母さんいたんだ!

と気が付き

人生初の私から連絡して

伯母に会うことにしました

 

昔は青山に住んでいて

夫が20年前に他界し

今は三軒茶屋に娘さんと

一緒に住んでいます

 

最後にお顔をみたのは

伯父さんのお葬式だったような

もう10年前くらい?

 

伯母さんは

おじいちゃんの

子供の中で

唯一の娘

 

うちの父からは姉にあたります

 

今は84歳

おじいちゃんに瓜二つの

かわいいおばあちゃんです

 

最近物忘れが酷くて・・

と言っていますが

話す言葉は結構

しゃんとしており

まだまだお元気そうです

都会的で上品なおばあちゃんそのもの

 

昔の話は

とてもよく覚えているようで

私が知らなかった

事実をたくさん聞くことが

できました

 

NHKでFamily History

という番組があったのですが

それをリアルに自分で

追っていく感覚

 

彼女のお気に入りの場所で

お茶を飲みながら

3時間くらい

話を聞くことができました

 

私は父の兄弟達から

おじいちゃんの賢さと

おばあちゃんの行動力と

いいとこ取りを

していると言われているそう

 

最近特に

祖母のほうの気質が

自分に似ているのでは?

と思っていたのですが

彼女が実は

東京に住んでいたことが

伯母の話から

判明しました

 

おばあちゃんの母の

お姉さんが東京にいたとかで

そこに居候させてもらっていたそう

何をしていたかは

わからないということでしたが

おばあちゃんの気質的に

恐らく何か手に職を

つけるために

経済力をつけるために

動いていたのでは?

と想像がつきます

 

中央区の入船という場所

に住んでいたらしいと

伯母さんが言っていましたが

調べてみたところ

私が出張時によく滞在していた

新富町」でした

なんとなく懐かしい雰囲気を

感じていたあのエリアに

縁があったなんて・・

この偶然に軽い驚き

 

あの時代に石川から

東京に出てきていたなんて

 

石川に戻ってからも

(戦争があったから?)

何度か東京にもどって

おじいちゃんに連れ戻されていたそうです(笑)

おとなしく戻る人とも

思えないので

どうして戻ったのか

聞きそびれちゃったわー

と伯母さん

 

そんなエピソードは

ほんと血が争えないというか

苦笑いです

 

なんとなくですが

東京に呼ばれたような

気がしていたのですが

おばあちゃんの仕業だったのでは?

と目に見えない力を感じています

(信じるか信じないかはアナタ次第)

 

私自身はこれまで

東京に縁があるとか

考えたことがなかったのですが

23歳の時に初めて暮らし始めた時に

意外と快適に感じていたことや

今、とても楽しいことを思うと

やっぱり来るべくして

来たのだと思います

 

あまり過度に負担に

感じることはないのですが

両祖父母が人生で

成し遂げられなかったことが

自分の人生の使命みたいな

もので体現することに

なるのではないかと

思ったのでありました

 

自分の使命って家族から来てるかも。と考えたことありますか?

 

今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました

Nice meeting you:-) 

 

Michelle84でした