「インディ2.0」 自分なりのライフスタイルの法則

精神的、経済的に自立したナチュラルな生き方

自己中(じこちゅう)

研修でマレーシアに

行った時に

基本、団体行動なので

度々、班長やリーダーに

任命されたのですが

その時の学びとして

 

「基本人間は自己中」

 と思っておいたほうがいいよ。

 

と先輩からのアドバイス

 

それ以降何があっても

 

「この方聞いてないや。だって人間自己中だから」

 

と達観している自分がいます

 

先日のブログ

Incredibly Selfish

のことを書いたのですが

 

この似て非なるものの違いは

矢印がどちらにむいているか

 

自己中は

自分の利益になることしか

考えておらず

自分の主張を通すため

周囲の意見は抹消または無視

というような言動

 

Incredibly Selfishは

信じられないくらいわがままなんだけど

英語でいうところの

Assertiveness

(アサーティブネス)

自らの要求を正当に表現すること

 

むしろ

みんなそうなりたいと

思うようなあこがれの対象

にもなりえます

 

この違いって?

 

自己中は自分軸で

価値判断が自分しかないこと

そしてその価値判断に

こだわるあまり

周囲が離れていってしまう結果になること

 

話していることが

脈略がなくても

家族や親しい友人なら

我慢強く聞いてくれるし

多少自己中であっても

許されます

あんまりやると

友人減りますけどね笑

 

Incredibly Selfishは

繰り返しになりますが

正当な主張ができることなので

それができない日本人としては

羨ましい限り

むしろ真新しくて

好感を持たれることもしばしば

 

基本「あなたはあなたのままでいいの」

という自己肯定感があるので

人様に迷惑を書けない程度に

突っ走るわけです

 

「自分のやりたくないことを決めること」

が成功の第一歩ということですが

 

私は

時間を第三者にコントロールされるのは好みません

仕事はプロジェクトベースで、実際に前進する行動が出来ない人とは組みたくありません

自分ばっかり得しようという態度がある人とは組みたくありません

 

逆にやりたいことは

自分が一緒にいて心地のいい人と過ごすこと

相手の強みと自分の強みが相乗効果になって無限大な可能性が広がること

マーケターとして顧客の「価値」を高め、伝わって欲しい人に伝わること

本の出版

カナダか北欧と東京のディアルライフ

パートナーと理想の家に住むこと

などなど

 

私のやりたいことって

誰かの権利を邪魔してたりしますか?

海外に住みたい!というのは

価値観の話にもなってくるので

相手がいる人にとっては

ハードルがある場合も

ちなみに別れた夫はそのタイプでした

 

ありがたいことに

今のパートナーはこれに賛成なので

実現への可能性がサクッと高まり

ありがたい限り

 

伝えることって大事

でもその前に

それを聞いてもらえる

人間関係、信頼関係

空気感は

もっと大事

 

自分を俯瞰できる「自己中」でありたいものです

 

あなたは「聞いて聞いて星人」になっていませんか? 

 

今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました

Nice meeting you:-) 

 

Michelle84でした