読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「インディ2.0」 自分なりのライフスタイルの法則

精神的、経済的に自立したナチュラルな生き方

袖触れ合うも他生の縁 その1

一人旅の時

(特に海外)

飛行機、電車

なんかに隣に

座った方との

出会いは

楽しみの一つです

 

帰国便は

成田までの直行便

大阪便に乗る

友人とは別れ

一人で飛行機に

 

隣に座ったのが

日本人と思われる

スウェーデン語か

フィンランド語の

新聞を手にした

60代前後の男性

 

そして

今回も

旅のハプニングが

仕込まれていたのでした

 

それは

座席のモニター不良

読書灯、CAさん呼びたし

全てにおいて

ボタンが反応せず

安全ビデオが

流れたあたりでも

私の画面が映らず

まあ、仕方ないか

9.5時間で朝着の便だし

寝てしまおう

と思いつつ

確認のため

通りすがりの

CAさんに

声をかける

 

私的には

クレーマー的な

雰囲気を醸し出しては

いないつもりだったのですが

調子が悪いことを

理解するや否や

CAさんのほうから

機内で使えるという

20ユーロのクーポンの

申し出が

 

その時に

お隣の方の

席もモニターが

同じ状態だったので

CAさんが声をかけ

そこではじめて私も声をかけ

「そちらもモニター

うつらないですか」

「そうなんです

飛行状況がわからなくて

不便ですよね」

と会話が始まりました

 

「僕はいつも

スカンジナビア航空を使うので

Finnairは初めてなんですよ

今日はゴーゼンバーグから

乗り継いできたんですけどね」

 

紳士的な雰囲気の方で

北欧でお仕事関係?

と思っていましたが

ゴーゼンバーグ

(Gothenburg/Goteborg) 

と聞いたところで

ヨーテボリですね

私行ったことあります」

からスウェーデン話に

 

ヨーテボリ

スウェーデン語読み

ゴーゼンバーグ

は英語読み

 

「いつもは

コペンハーゲン経由なんですよ

でも、チケット取るのが

おそくなっちゃって

一番安かったのが

Finnairだったから」

とおっしゃる男性

 

その後

スカンジナビア航空

コペンハーゲンの空港

アムステルダムの空港

などの乗り継ぎ話で

盛り上がり

 

話は

スウェーデン社会と

日本社会の

比較論へと

進むのでした

  

今回はここまで

明日に続きます

 

今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました

Nice meeting you:-) 

 

Michelle84でした