「インディ2.0」 自分なりのライフスタイルの法則

精神的、経済的に自立したナチュラルな生き方

真夜中の非常ベル その1

未明の3時

住んでいるマンションのビルの

非常ベルが

けたたましく

鳴り響きました

 

眠りが深めの私にも

明らかな非常ベルの音

あの不快な音に

起こされた私

 

でも、きな臭くはないし

ベランダに出て確認するも

煙も出ていない様子

 

なんだろう?

 

と、ふいに

 

ピンポーン

 

インターフォン

 

「はい」

 

とでても

相手側は無言…。

 

怖っ

 

と受話器を置いたのですが

 

再度

 

ピンポーン

 

もう一回

 

「はい」

 

そして二度目の無言…。

 

怖いよー  

 

家のドアスコープを

覗くと

誰もおらず

 

自宅はオートロックなので

おそらく

エントランスで

うちの部屋番号で

呼び出している

 

もし火事だったら

逃げ遅れるリスクも

あるけれど

もしイタズラ目的で

飛んで火に入る夏の虫

状態は避けたい

 

その間も非常ベルは

なりやまず…。

 

今は文明の利器があるので

「非常ベル  鳴ったら」を

ググってみる

 

非常ベルの95%は誤作動

とはいえ

もし本当の火災なら

通報しなかった人に

損害賠償が課されることがある

 

マジっすか⁇

 

ベルが鳴り響いてから

15分後

管理会社も平日の9-17時しかやっていないし

24時間だとどこにかけていいのかわからない

 

仕方ない

第1通報者になるか

と119に「火事通報」としては

人生初の架電

 

「◯◯消防署です、火事ですか、救急ですか?」

 

「ええと、自宅のマンションの非常ベルが15分程度鳴り響いたままでおそらく火事ではないかと思うのですが、どなたも通報していないようだったのでご連絡しました」

 

「煙が見えたり、ニオイはしませんか?」

 

「はい。いまのところ見当たりませんし、ニオイもしません」

 

「そうですか、では手配します。住所をお願いします」

 

「◯◯区XXXX町 ~」

 

と言い終えたところで

 

「あの、消防隊員の方がインターフォン越しに無言。ということはありませんよね?実は非常ベルがなった5分後ぐらいに2度なったんですが、無言だったんです。それで怖くて部屋からも出れなかったので、外からは確認出来ていません」

 

「そうですか、そのようなことはないですね。現場にむかわせますのでお待ち下さい」

 

ほどなくして

 

サイレンの音が

 

実は我が家は消防署まで

徒歩5分なので

即到着

 

家のベランダから見ていましたが

とりあえず様子見の2台

ということで

外からも見物人はおらず

火事ではなさそう

 

そして

 

ピンポーン

 

「あ、消防隊の方だ!!」

 

今日はここまで明日に続きます

 

今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました

Nice meeting you:-) 

 

Michelle84でした