「インディ2.0」 自分なりのライフスタイルの法則

精神的、経済的に自立したナチュラルな生き方

糟糠の妻はなぜ捨てられるのか その1

とあるコンテンツ作成のために

「モテる男の条件」

なるものがあるのかと

ネットサーフィンをしていたら

 

モテる=不倫

 

というキーワードが

成り立つようで

大西明美さんという

結婚相談所を経営されている方の

記事に流れ着きました

ふむふむと読んでいたら

彼女の最新刊の著書が

目に入ったので

読んでみることに

糟糠の妻はなぜ捨てられるのか

糟糠の妻はなぜ捨てられるのか

 

 

男は成功すると

下積み時代を支えてくれた

パートナーを捨てて

もっといい女を選ぶという

 

そしてその分かれ目は

 

年収1千万円

 

男性は年収1千万円を超えると見える景色も周りもかわる

 

でたっ!

「景色が変わる」(笑)

 

年収1千万円くらいでは

実は税金が高くて

会社員とかだと

生活レベルは

それほどあがらないのだけども

なんだか大台にのった

印象はありますよね

 

著書では

①仕事の質が変わり

  ↓

②まわりの評価が変わり

  ↓

③モテる力が変わる

 

そしてモテだした時に

「男性としての自信」を

さらに高め

三種の神器である

「お金」「名声」「モテ力」

を手に入れて

この数式にはまるのだと

 

不倫の危険性

=(時間的制約(家にいない)+過剰なエネルギー)X女性

 

女性はお金に弱い

というか

正確にいうと

「お金の使い方」に弱いのだと

不景気が続く世の中で

お金の使い方が良い男性の

モテ度は否応なしに上がります

 

「糟糠の妻」が

成功した男性に

あわせて成長していると

よいのですが

世の中そうはうまく行かず

夫にとって

 

「つまらない存在」

 

になっていることが

捨てられる大きな要因

 

とはいえ不倫相手は不倫相手

 

じゃあどうしたら捨てられないか

というと

 

落ち目の時に支えられるかどうか

不遇になった時に

支えられるかどうか

 

お金や名声で寄ってきた女性は

それらを失った後にも

隣にいてくれるかどうか

 

「あなたなら大丈夫」

といえるかどうか

 

「私はいつでもあなたの味方よ」

といえるかどうか

 

ウソがつけない女性を

まず妻にすることが

第一条件になるかも知れませんが

このセリフって

男性にとっては

一撃のひとこと

女性だって

相手に対して信頼がないと

言えないと思うのです

 

そう思うと

専業主婦って

リスク高いですよね

でも、年収の高い男性の

奥様はだいたい専業主婦

なんだなこれが

 

このレビューは明日に続きます

 

今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました

Nice meeting you:-) 

 

Michelle84でした