「インディ2.0」 自分なりのライフスタイルの法則

精神的、経済的に自立したナチュラルな生き方

名言 項羽と劉邦編

自分が考えていたことが

「そうそう!それ!」

っていう名言ってありませんか?

 

先日のレビューでも

課題図書として

ご紹介した

項羽と劉邦

小説 項羽と劉邦 (講談社文庫)

小説 項羽と劉邦 (講談社文庫)

 

そちらから

名言集を

これは主に劉邦の言葉からです

 

■「自分を安売りしない」

 

「自分を高く売るためには、むこうから頼ませなければだめだ」

自分を中心にまず何人かの味方を得る。その味方が拡散作用を起こして、一人ひとりがその人間の味方を作り出す。それが総合的に集まって自身のパワーになる

 

■トップリーダーは

幹部だけを指導すれば良い

末端の兵はその幹部

がリーダーシップを発揮すればいいのだ

 

■「時間とエネルギーを費やすことを惜しまない」

劉邦はどこまでも慎重であり、また時間と根気を使った。

それは

「一旦積んだ石は絶対に崩さない」という芯の強い態度

 

■人間のモチベーションは

「愛によるもの」

「憎しみによるもの」

との2つがある

そして愛よりも

憎しみによる動機のほうが

その行動の迫力を強めることが多い

 

■王として

「王としてふるまうためには単に人がいいとか、純粋だけというだけでは政治は行えない。体内に相当な狡猾さと毒気を含んでいなければだめなのだ」

 

■大局観

「おおきな仕事をする時は細かい遠慮など忘れなさい。大きな礼をとげるときには小さな遠慮などなさってはいけません」

 

この本は作者の解説のように説明が入るので

初心者にはわかりやすいと思います

 

さてさて

このストーリーのハイライトは

結局どこなのでしょうか?

 

名言が多すぎて

チェックするのが大変です

 

手元において

何度も読みかえすべき本ですね

 

あなたの「リーダーシップ論」は劉邦よりでしたか?

 

今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました

Nice meeting you:-) 

 

Michelle84でした