「インディ2.0」 自分なりのライフスタイルの法則

精神的、経済的に自立したナチュラルな生き方

糟糠の妻はなぜ捨てられるのか その2

昨日の続き

です

 

成功した男性には

「お金」「名声」「モテ力」

が備わるそうな

 

こちらの著書によると

糟糠の妻はなぜ捨てられるのか
糟糠の妻はなぜ捨てられるのか
 

 

年収別に (前提は男性です)

年収1千万円以上なら3割以上

年収2千万円以上なら5割以上

年収3千万円以上なら9割以上

に「愛人」がいるそう

 

年収3千万円あると

不動産を除けば

だいたい欲しいものを

躊躇なく買うことが

できるようになるから

 

不倫の図式は

夫と妻の見ている世界に

埋められないギャップができること

そしてそのギャップに

愛人が入ってくることにより成立する

 

夫が女遊びをして

また元気を取り戻してくれて

仕事をこなせるのならばと

愛人の存在を

見た目は穏やかに

振る舞っていた奥様が

多いと思われる中で

田中角栄の奥様はなさんには

結婚前に約束したという

話があるそう

 

「決して出て行けとはいわないこと」

「自分をあしげにしないこと(雑に扱わないこと)」

「将来あなたが成功をして世に出て、皇居の2重橋を渡るような日があったら、必ず自分を一緒につれていくこと」

 

そして

 

「それ以外はどんなことにも耐えますから」

 

実際に田中角栄には

何人かの愛人がいて子供も

できたそうですが

愛人や子供に別れると迫ったり

慰謝料を迫ったり

しなかったそう

そして最後まで夫と添い遂げたそう

 

糟糠の妻の鏡のような方ですが

これは夫の才能や能力に惚れ込んだタイプ

 

角栄さんクラスだと

もう何もいえませんよね

 

夫に愛人ができたとしても

私のほうが夫を理解している

夫を幸せにできるのは私

と絶大な自信を持っている

だから愛人に対して

目くじらをたてず

いつか私のところに

夫は帰ってくると

じっと待つ

 

何も言わずに

じっと見守ってくれているとしたら

男性にとっては

逆にプレッシャーですよね

 

不倫関係の話に

なってくると

どうしても女性のほうが

不利に感じてしまい

昔の私なら

女性のほうが損!!

と鼻息荒くなっていたところですが

男女ともに

魅力的な人に

異性が目を向けるのは

本能的に仕方がないのだと

40代に入って

オトナの見解としての

諦め感はあります

 

男性は基本的に

面倒なことは

避ける傾向にあるので

自宅が帰りにくいと

または居場所がないと

簡単に別のところに

回避します

いくら稼いでも

家ではATM扱い

それ以外に使える

自由なお金を

使うところがないと

つまらないので

いきおい女遊びに走り

スリルを味わうわけです

 

女同士の戦い?で

勝利するのは

最終的には

「母性」を持ったほうだけ

 

女性は同性受けしかしない

女子力よりも

男性をいつ何時でも見守る

「お母さん力」をつけることが

最強の花嫁修業なのかもしれません

 

あなたは「お母さん力」必要だと思いますか?

 

今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました

Nice meeting you:-) 

 

Michelle84でした