「インディ2.0」 自分なりのライフスタイルの法則

精神的、経済的に自立したナチュラルな生き方

金持ち脳と貧乏脳 その3

その1その2

レビューの続きです

 

お金というのは「抽象的」な思考

金持ち脳と貧乏脳

金持ち脳と貧乏脳

 

 

ある女子高生が

 

「私年収3000万円の人なら結婚してもいいわ」

 

といっているのを聞いた茂木さん

 

「あー。彼女はまだ人間関係を構築できていなんだな。だから抽象的な金額で男の人を想像してるんだなと思いました。」

とありました

 

前回のブログ

年収3000万円の男性は

9割愛人がいる

という事実は若い彼女は

知るよしもありません

 

もしくは自分の父親がそうで

母親の価値観で育っている可能性が

 

基本的に人間の幸せや人生観は

複雑系なのでお金でははかれないし

人間としての総合力できまるとも

 

例えば「信用」があれば

お金がなくなったとしても

貸してくれる人や

助けてくれる人はいることでしょう

 

お金持ちになっても

不安を感じている人は

「お金の切れ目が縁の切れ目」と

思っているのでしょう

 

不幸せなお金持ちとして

思い浮かぶのは

東京に来てから知り合った

着物屋のYさん(男性)

 

50代前半のバツイチ

現在独身なのですが

毎晩、檀家周りと称して

銀座の高級クラブや

焼肉店などの高級レストランの

写真をFBでアップしているのですが

本人に初めて会った時から

毎回のように

 

「別れた奥さんに億単位の慰謝料を渡して

無一文になったわー。まあ、俺、稼げるけどな。もう二度と結婚なんかこりごりだわ」

 

聞いてもいないのに

何度も何度も繰り返します

 

私が新しいパートナーができたと

言う機会があった時も

メッセージでわざわざ

 

「自分はケジメつけて何億全財産くれてやりましたが、

最近は美魔女とかチャラチャラした見栄と広告とか

目先のカネだけしか見えていない

枕営業のスポンサー探しの

ケジメのないアホがよく寄ってきます

我々の銀座仲間では獣魔女と呼んでいます

私は愛人なら良いのですが

今更結婚とか面倒で望みませんね

ビジネス成功させる事が生きがいですね」

 

 

「食欲、性欲ギンギン」

とか言ってるだけに

ホントにこの人って

 

「淋しいひとなんだなー」

 

本人は自覚がないのでしょうが

「淋しいから構って」オーラ全開で

そんな女性にしか相手にされていない

ご自身に気が付いていない

 

そこそこいい車に乗って

日本橋に店を構えて

目黒に住んでいて

毎晩のように高カロリーの食事を

好きなだけ食べても

海外投資でおカネを増やしていても

満たされない

 

物質的にはお金持ちで

カネ払いもいいのだけど

脳的には「貧乏」な人に

私は感じてしまうのです

 

お金持ちは相手のことを理解するスキルが非常に高いので

人を惹きつける魅力があります

 

あなたはこの「お金持ち脳」な考え方に共感しますか?

 

今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました

Nice meeting you:-) 

 

Michelle84でした

金持ち脳と貧乏脳 その2

 その1からの続きです

今回のレビューは

脳科学者でみんな知ってる

茂木さんの本から

金持ち脳と貧乏脳

金持ち脳と貧乏脳

 

 

リスクテイクとは

確実性と不確実性のバランスをとること

 

リスクテイクのスケール感は

その人の経験によって

大きく異なってくるそう

 

確かに私も数年前

会社員時代は

借金してまで事業するって

馬鹿げてる。

っていうタイプでした


フリーランスになってから

利益が◯◯円程度見込めるとして

利益率が20%とれるなら

融資の金利が1%なら

安い!って思えます

 

お金持ちになった人は

数多くの修羅場や

リスクを経験しつつ

ピンチをチャンスに変えてきた人

 

確実性と不確実性を

計算しながら

リスクテイクをしっかりと

考えることができるかどうか

 

今日の10万円の支払いを嘆くのではなく

1年後に桁を変えるくらいの

リターンを見込んでいるかどうか

 

人は「確実性」という名の

安全地帯をつくりたがるそうで

(もちろん私のその傾向はあります)

それの最たるものが


「貯蓄」


だったりするのですが


貯蓄の少ない人は

比較的、自分の周りの人間関係や

社会的なネットワークが

うまく構築できていると

安心している人達であり

「貯蓄しないと不安だ」という人達は

それだけ脳が

自分の周りの人間関係や

社会的なネットワークが不安定だ

と感じている証拠だそう

 

しょせん裏切らないのは

「お金」と「ペット」

みたいな方もいらっしゃいますよね笑

 

確かに昔の人達は

みんなが貧しかったからこそ

助け合ったりして生きていたんです

お金がなくても

家族が仲良しで協力できたらいいと

清貧の思想的なアイデア

私は否定しません。


でも、私は

困っている人には

気前よく経済的に助けてあげられる人で

ありたいと考えています

 

「人指向」が強すぎるわ!

とパートナーには

いわれておりますが

私がお金持ちになりたい理由は

それがメインです

 

両親だったり、兄夫婦、甥

親族の誰かが頼ってきたら

気前よく助けてあげられる人でありたいし

そうなるべくしてなるのだとも

 

そしてまだまだこの話は続きます

 

今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました

Nice meeting you:-) 

 

Michelle84でした

金持ち脳と貧乏脳 その1

今回もレビューです

「脳とお金のただならぬ関係」

というサブタイトル

 

そうなんです

アメリカの有名なミリオネアメーカーの

ロバートアレンも

言っていました

 

「恐れ」をどのように

コントロールするか

または克服するか

 

億万長者と呼ばれている人は

たいてい自己破産していたりします

もちろんそうならない方もいらっしゃいますが

彼らの億万長者の定義は

今ある資産が0になったとしても

(もしくはマイナスになったとしても)

同じようにお金を生み出すことが

できる人のことを指すそうです

 

そしてお金持ちや成功者に共通する脳の使い方があると

 

こちらの本にも同じようなことが

金持ち脳と貧乏脳

金持ち脳と貧乏脳

 

 

一流の成功者やお金持ちというのは

真剣にお金にむきあっているため

お金の話をすることを

少しもためらいません

むしろお金のことをいいことだと

思って堂々とお金の話をするのです

しかし貧乏のひとはお金の話を

避けたがる傾向があります

 

ここであらためて

そうだよなーと思った一文が

 

「貧乏脳は何よりも先に自己欲求を満たすことで満足してしまう脳です」

 

お金持ちになった人は

自分の成長のための自己投資を怠らずに

10年、20年先を見据えて

普通の人よりも必死で努力してきた人たち

自分の価値と評価を高め

お金を生み出せる自分磨きに

邁進した人達がお金持ちになっているのです

 

最近指摘されたのですが

私はもともと「安全志向」の気質なので

失敗したくないという

意識が強く、行動が遅れがちとか

 

動きながらかんがえたらいいやん

Let's じたばた

とかいいながら

確かにここ数ヶ月

ちょっとペース落ちてました。。。

 

今の苦しみからすぐに逃げ出す方法を考えるのではなく

「10年後をしっかりと見据えて、いかに自分の価値をたかめていくことができるか」

これこそが金持ち脳だと

 

ビジネスでも安定していて

今すぐ儲かるような仕事ばかり

追いかけていたら

その視野や思考がどんどんと狭くなり

将来のビジョンが見えなくなってしまう

 

いかに自分の考え方を柔軟にできるかどうか

 

今日はここまで明日に続きます

 

今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました

Nice meeting you:-) 

 

Michelle84でした

出雲大社

都内に、しかも

六本木に!

出雲大社東京分祠

があるのって

ご存知でしたか?

 

私は以前六本木であった

ランチ会から駅へ向かう

道の電信柱に

出雲大社東京分祠」の標識を

みつけたのが最初のご縁でした

 

関西から引っ越したあとは

なかなか島根まで

行けないなーって

思っていたので

見つけた時はとっても嬉しかったんです

 

え?こんなところにあるの?

という驚きと

とはいえ

これまた呼ばれた人しか

行けないような印象もあったり

 

つい先日

六本木に行った際に

その道すがらにあり

ちょうど1630で

17時にしまる直前

これは呼ばれているような

気がしてならず

立ち寄りました

 

お願いごとをしてから

 

なんとなく気が向いたので

ひいてみたのです

最近ひいてなかった

おみくじを

 

こちらのおみくじは

「吉」とか「凶」とかではなく

 

「訓」として

自分を律してくれるような文章と

「運勢」と「判断」が書かれています

 

今回私がひいた「訓」は

 

信仰は祈り深める者のために路を開き、祈りの暮らし無き無信仰はこれを閉ず。

 

とありました

実はこれを見た時に

ドキッとしたのです

 

ちょうどこの日に

別の方に似たような事を

言われていたんです

 

「信じる事」を口ではいうけれど

出来ていない自分に気が付いていました

 

そして「運勢」は

本年は、衰盛変わりやすい運気の年である。

しかしながら、福縁に結ばれるが、進退ともに注意しなければ以外な失敗を招く。万事を控目に心得なさい。信心を忘れるな。

 

神様にも

ズバッといわれました笑

 

確かにいいご縁はあります

でも、控目って何に????

 

「判断」は

願望 叶う

土木 見合わすべし

結婚 よい

病気 重くとも治る

移転 見合わすべし

失物 見つかる

売買 利あり

方位 北よい

旅行 よい

 

と引っ越しや家をたてる?こと以外は

悪くない感じです

 

 

信じていれば叶うんだから

おとなしく日々過ごしてなさいと

神様に言われたようです

 

ちょうどいろいろ

やる気がむくむくしていたところだったので

あれあれ?って感じですが

まさに神様からのお告げで

やっぱり今年は自分としっかり向き合って

自分の軸を作るときなのかも知れません。

 

今年もあと2ヶ月

どうやって過ごすか

今日の自分は未来の自分をつくっていくのだから

 

あなたはなにか「信じていること」ってありますか?

 

今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました

Nice meeting you:-) 

 

Michelle84でした

日本とデンマーク

東京っていいわー

と思う瞬間は

駅とかでみかけた展覧会に

サクッといけること

 

私のアンテナは

「カナダ」、「デンマーク

「北陸」に周波数があっているのですが

 

駅で見かけた

国立公文書館のイベントのポスター

タイトルは

 

日本とデンマーク

ー文書でたどる交流の歴史ー

http://www.archives.go.jp/exhibition/pdf/2910.pdf

 

クローズギリギリの

11月4日の日にいってきました

ちょうど3連休で

秋晴れの絶好の行楽日和

国立公文書館

初めて行く場所ですが

以前行った東京国立近代美術館のお隣

ちょうど皇居のお堀沿いにあり

都心ながら広々スペース

竹橋駅に降り立った瞬間

「わたし東京大好き!」と

また自然と言っちゃいました笑

 

日本とデンマークが外交関係を

樹立して150周年記念

ということで

修好通商航海条約とか

国際電信網の整備に関する資料とか

アンデルセンに関する資料とか

馴染みのあるデンマークの企業の紹介とか

 

ジョージジェンセン

https://www.georgjensen.com/ja-jp

 

ロイヤルコペンハーゲン

ロイヤル コペンハーゲン 公式オンラインショッピング

 

・エコー

エコー・ジャパン 公式オンラインストア | ECCO JAPAN

 

・レゴ

LEGO.com JP - ひらめきを与え、未来のビルダーを育もう - LEGO.com

 

あとは北海道の酪農に

デンマーク式が取り入れて

いたという事実とか

 

 

国立公文書館が出している

冊子状のリーフレット

デンマーク特命全権大使だった

近藤誠一さんという方の

インタビュー記事があって

デンマークは「フラットな民主主義」が根付いていることがあげられると思います。国民一人ひとりが「この国は自分がつくっているのだと」という意識が強いですね」

 

総選挙の投票率は85%だとか

余談ですが

選挙に行かない人には

税金を高くするとかしたら

もっと投票率は挙がると思うのは

私だけでしょうか?

(そんな罰則がないと動けない日本人ってレベルがちょっとしれちゃいますが)

 

先日のブログ「Hygge」でも

書いたのですが

なんでしょう

大切なもの、本質を

理解できている国民性を感じるのです

 

北米の人にも

通じるところがありますが

あまり相手に期待せず

(いい意味で)

だからこそこちらの希望を伝えてみる

お願いしてみる

でも相手がヘルプが必要なら

気軽に声を掛けて

相手が受け入れたら手助けする

必要ないなら

「気にかけてくれてありがとう。今はいいわ」

というような形で

断られるけれど

それはそれでお互いに

悪い気はしない

「あ、そう。じゃあまた何かあったら教えてね」

くらい

 

あらためて

デンマークに惹かれる理由は

やり方よりあり方

なんだと感じた展示でした

 

あなたはデンマークで知っていることありましたか?

 

今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました

Nice meeting you:-) 

 

Michelle84でした

鏡の法則 その2

 昨日の続きのレビューです

完全版 鏡の法則

完全版 鏡の法則

 

 

ストーリーは一人息子をもつ

女性が主人公

息子がいじめにあっていることから

家族の問題に気がつき

矢口さんという経営コンサルタントながら

個人的な問題解決も得意という

メンター的な方に

コンサルをうけつつ

1つ1つ、今起きている現象は

あなたに何かを伝えるサインなんですよ

「現実に起きる出来事は1つの結果であり、その原因は心の中にある」

という考え方をお伝えしていく形で

物語が進むのですが

自分が父親に対しておもっていた感情と

旦那さんに持っていた感情と近いことに

気が付き、主人公は新たな

気持ちでラストをむかえるわけですが

 

相手をゆるすことで

自分自身も気が付かなった

親からの「束縛」を解くことができ

「自由」になっていいきます

 

そして

自分の人生を生きようと

いう自立心が生まれ

人生後半を幸せに生きるための

心の準備が整うのだとも

 

私にも経験があります

今となっては

子供ならではのエゴだと

思うのですが

最低限の不自由ない生活を

わたしに与えてくれ

大学までだしてくれた

父親、母親に対して

理想の両親ではなかったと

思っていました

自分が子供がいないため

「親」になったことが

ないのも手伝って

親の苦労というもの

自分のことを差し置いて

子供には食べさせてあげたい

とか

お金がかかっても

教育を受けさせてあげたい

とか

自分が出来る限りの事を

したいものです

そういった両親の努力を

いとも簡単に享受していたのに

完璧を求めていた自分

 

自分も40代に入り

両親にしたら子育てが終わった

年代に突入してはじめて

あー。お母さんって

こんな若かったんだ

と気がついた時に

自分だって40年間生きてきて

不完全だし、未熟なのに

子供目線でしか見ていなかった

自分に気が付き

いまでは

彼らの愚痴も聞きつつ

そこで自分の意見も

言わずに

ただ聞いてほしいのだと

わかったので

ただただ「はいはい」と

受け流せるようになってきたのも

ここ最近の話

これって

まさに「ゆるす」ことではないでしょうか

 

 

ちょっと前までは

会う度に愚痴をいう親がイヤでした

彼らにしたら

普段会わない分だけ

あったときにこそ

話を聞いてほしいのです

 

私には兄がいますが

息子には言えない事を

娘には言えるのだと

気が付いたのも

ここ最近のことです

 

私の人生の中ではすでに

親へ恩を返すフェーズに

はいっているのです

 

まだ2人が生きているうちに

気がつけて本当に良かったです

 

あなたは両親との関係性はクリアですか?

 

今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました

Nice meeting you:-) 

 

Michelle84でした

鏡の法則 その1

いまさら感漂いますが

富豪さんからの

必須図書だったので

完全版 鏡の法則

完全版 鏡の法則

 

 

類書研究で

引き寄せ関連の本を

読んでいますが

鏡の法則」は

タイトルしか知らずで

なんとなくですが

内容は想像できていたので

読まなかった不遜な私

 

あらためてこの本は

示唆にとんでいます

 

あとがきの解説にありますが

「2005年の私のブログで紹介したところ、大変反響があり、多くの読者からメールが続々と届きました」

 

そして

参加者の9割もの方がこの小冊子を読んで「泣いた」もしくは「涙がにじんだ」と答えられたのです

 

*以下引用

 

「私達の人生の現実は、私達の心を映し出す鏡である」

 

心の中で不満ばかり抱いているとその心を映し出すようにますます不満をいいたくなるような人生になってくる

逆に

心の中で感謝することが多いと、その心を映し出すように、さらに感謝したくなるような出来事が起きて感謝にあふれた人生になってくる

また

心の中で誰かを強く責め続けて生きていると、自分もまた責められる経験を繰り返すことになりますし、他の人の幸せを喜ぶような気持ちで生きていると自分もまた幸せな出来事に恵まれます

 

自分の心の波長にあった出来事が起きてくるわけです

 

自らの人生に起きていることを見ることによって、自分の心のありようを推察することができ、それによって自らを変えるヒントを探っていけるわけです

 

この本の主題は

「ゆるすこと」

 

確かにこの本がでるまでに

そういった視点で書いた本が

なかったのかもしれません

自己啓発=がんばれ私!みたいな

やる気を奮起させるような

切り口で

コーチングとかも

ノウハウばかりで

こういった自分の本当の内面に

切り込むようなものは

なかったのかもしれません

 

ここでもやぱり

重要なのは

「親子の関係」

 

自分が育ってきた環境における

感情の整理

 

「もう一度反抗期をやり直す」ということで

感情を吐き出すこと

 

反抗期をしっかり全うできると

子供は親との間に境界線を引くことができ

親の呪縛から脱することができるそう

 

反抗期は子供が自立していくために

通る関門であるとともに

親が子離れをして自立していくために

通る関門でもあるそう

 

親も子も幸せな人生を歩んでいくには

それぞれ子離れ、親離れをし

適度な距離をおく必要があるのです

 

 今日はここまで明日に続きます

 

今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました

Nice meeting you:-) 

 

Michelle84でした