読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「インディ2.0」 自分なりのライフスタイルの法則

精神的、経済的に自立したナチュラルな生き方

ペルソナ

ブランディング アートなこと

書道家の先生の

ブランディング

動画の作成を

担当することになりました

 

私自身は

動画自体を作成する

ノウハウはないので

そちらのほうはできる方に

おまかせすることに

なるのですが

役割としては

プロジェクトマネージャー

 

動画を作成する前に

まずは

コンセプトやターゲット決め

先生への新しい提案

 

動画は毎年使うものではなく

その展覧会用として

使用するそう

(もちろん気に入ったらヘビロテの可能性あり)

ですが

You Tubeにあげて

展示会に来ない方へも

アピールするかを

こちら側から提案する余地がありそう

 

先生の書道教室の

生徒さんは

これまでは

お局さん風な独身女性

または

近くの百貨店にお買い物ついでに

たちよる習い事として

いらっしゃる中年女性

だったのが

今は

弁当男子に代表されるような

1つのことを

極めるのが好きな方が

HPなんかでたどり着き

問い合わせを自らして

門をたたくことが

多くなっているそう

 

男性がこういったところに

行き着くのは分かる気がします

先生自身も

とても素敵な方なので

同性としても憧れるところが

あるのでしょう

江戸時代から続く

伝統というキーワードも魅力的かと

 

イメージとしては

・40代男性でこだわりのある可処分所得の高い独身貴族

(妻帯者だが、自分の趣味の時間は取れる人)

・都内在住

・「道」や「伝統」に憧れがある

・サークル的なのりは求めておらず、一人黙々と作品に向き合い完成させるのが好き

・自分の興味のおもむくままに行動し、一人旅も得意

・探究心が強い

・持ち物に一家言あり

・好きな色は「黒」

 

全身真っ黒な服を着てそうな印象もあり

 

実際に習いに来ていらっしゃる

男性の生徒さんの

いでたち

雰囲気などを

確認しにいこうとは思いますが

果たしてこの仮説

があっているのかどうか

が興味のあるところ

 

こう仮説をたてるだけでも

実践です

何が正解かは

毎回の答え合わせを

PDCAサイクルではないですが

検証していくことかと

そして自分だけではなく

他の人からのイメージや

印象などを

上手く言語化できると

アウトプットが

いいものにできあがることでしょう

 

今回は先生が

気に入らない場合も

想定しておりますが

お互いさぐりさぐりは

了承済

 

先生の「価値」を高められる

動画になりますよう

 

今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました

Nice meeting you:-) 

 

Michelle84でした

直球

コミュニケーション 日々の徒然

私は交渉事は直球で

投げがち

 

結果を自分の思うように

相手が気持ちよく

エレガントに

クロージングすることが

目下の目標です

 

最近お会いした

ビジネスの仕組みを

考えられる人は

相手のリスクをどう減らして

「Yes」と言わせるか

または

相手にこれでもか!と

価値を感じさせ

契約せざるを得ない

状況に持っていくのか

 

久しぶりの

太一本のご紹介ですが

直球を変化球に

もしくは

あえてファウルにするかが

出来ないのは

「したたかさ」

が足りないことなのかも

カイジ「したたかにつかみとる」覚悟の話

カイジ「したたかにつかみとる」覚悟の話

 

 

仕事で

期限がギリギリで

最後まで尽力したけれど

あと一歩のところで

間に合わず

時間切れで

チャレンジさせてもらえず

ということがありました

 

これは自分自身の管理能力の不備なのですが

「競争心」がそれほど強くない私は

正直、まあどうにかなるか。と

ゆるく考えており

結果、失敗してしまった

メンターからのフィードバックは

「そこはこだわりを持つこと」

 

太一さんの本の

「したたかさ」と「覚悟」に

つながるのですが

「したたかに生きる」

=自分の目的、目標を明確にし

それを達成するために強く生きること

最も重要な事は

自分がほしいもの

自分が目指しているものを

明確にして

他人に振り回されないこと

 

このブログを書いている時に

「したたかさ」を

変換キーで変換すると

「強かさ」とでました

知らなかった(笑)

 

したたかさ=「強さ」なんだ

 

直球を出せることが「強さ」なのではなく

「強さ」をうちに秘めて

相手によって

投げ方を変えること

 

わかっちゃいるけど

こればっかりは

経験値ですかね

 

今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました

Nice meeting you:-) 

 

Michelle84でした

 

 

 

 

 

セルフブランディング

勝間さん レビュー ブランディング

今月の勝間塾のタイトルは

「セルフブランディング

課題本は

「有名人になる」ということでした

「有名人になる」ということ (ディスカヴァー携書)
 

 

勝間さんてば

自分の本紹介してるだけじゃん

と思ったそこのあなた!

違うんですよ

 

私が勝間さんを好きな理由のひとつに

まずは自分が試してみる

そして、そのPDCAサイクル

実践してレビューされていること

ちなみにこの本には

メディアに出る前でた後の

経緯を紹介されていますが

どうしても

メディア側が作りたい

イメージに左右されてしまうので

リスクをどれだけとれるか

 

ブランドに話を戻すと

ブランドとは

過去の価値の蓄積

それを保証してくれること

過去の経験の塊

これに対して将来予測をするもの

これを各自の頭のなかで

紐づけされてしまうこと

 

この人だったら安心できる

そして

どんな価値が付随しているのか?

これがセルフブランディング

 

この月例会の宿題が

自分のタグを5つ作ること

だったのですが

なりたいものでもいいそう(笑)

 

提供価値が明確で

なりたい自分があって

相手に応援団になりたいと

思ってもらえる

ユニークなもの

そういったタグ

 

いまのところ

「リストラ4回で年収10倍」

が一番よくつかってるかも

 

初対面の人には

「リストラ4回」は相当な

インパクト与えられます

(当社比)

 

”いい人”(信頼できる人)

というのは前提で

相手に対して

”便益”(ベネフィット)があること

 

私の目下の目標は

経済的自由を早く確立して

そうなりたい人たちの

ロールモデルになること

 

セルフブランディング

最高の形は

営業0

自然発生的な口コミ

 

まずはビジネスでの

信頼残高と売上の向上!!

 

今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました

Nice meeting you:-) 

 

Michelle84でした

グルテンフリー

日々の徒然

以前義理の姉が

グルテンは腸の吸収を遮断する」

と言っていました

 

グルテンフリーに

してしまうと

食事が制限されるし

友人とごはんに行くときとか

食事の選択肢がすくなくなるしな~

あと、食べれなくなるもの

増えちゃうな~

と躊躇していました

 

とあるきっかけで

最近知った

真実の健康への事実

 

小麦は長年摂取すると

死亡率が上昇する

唯一の食品

 

しかも中毒性があるので

それを食べ続けてしまうとも

 

知らないって怖い!

っていうか

この事実を

知らない

日本人って

大丈夫か?

と知れば知るほど

急に恐ろしくなる

 

戦後の日本がアメリカの

統治下にあったとき

アメリカは

学校で英語を

必修科目にしたそうですが

こちらは全く根付かず・・・

別枠で

日本が自分たちの

輸出先となることを見越し

小麦文化を浸透させようとして

給食にパンを導入したそう

 

私の田舎のほうでは

米どころな土地柄も手伝って

どちらかといえば

主食はお米の給食が多ったように

記憶していますが

都会のほうは

パンが多かったようです。

 

他には

食品添加物

認可されている数

 

イギリス34

アメリカ133

日本1500

 

先進国と思っているのは

本人たちだけかもしれない

この事実

 

ある食品会社の人が

その会社の製品は食べない

といっていた話が

あるように

生産者は知っているし

消費者でも知っている人は

知っている

 

グルテンとはちょっと離れますが

ヨーグルト好き

カフェオレ好きの私

が毎日取っていた

乳製品もNG

 

体は正直で

ちょっと食べ物を

意識し始めて以降に

コンビニに売っている

100円位の

パンなんかを

開けた瞬間の

化学的なニオイと

ひと口食べた時の

ケミカル的な味が

とてもじゃないけれど

食べられたものでなく

 

またこういったものは

(小麦も含め)

中毒性があるので

慣れてしまうと

そればっかり

食べてしまうことに

そしてますます

身体が発するサインに

気づきにくくなります

 

友人で強度の花粉症に

悩まされている子がいますが

彼女の趣味は

コンビニスイーツのFBへの投稿と

おされカフェのパンを食べ歩くこと

友人として

この真実を伝えるべき

なのでしょうが

本人の意志が

パンを食べたい>花粉症の克服

という思考なら

難しいでしょう

 

花粉は敵ではなく

体のサインで

くすりをとることではなく

食生活を改善することで

治るなら

そちらのほうが

長期的に考えても

QOLに直結するのになあ

 

まずは

自分の体で

証明すべく

14日間グルテンフリーチャレンジをして

その後の体の変化を

自分で体感したいと思います

 

今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました

Nice meeting you:-) 

 

Michelle84でした

 

 

 

どSの宇宙さん

レビュー 日々の徒然

今、私のメンターが

必読書としている本がこちら

借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた超うまくいく口ぐせ

借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた超うまくいく口ぐせ

 

 

もともとサービス業が

長かったせいか

「すいません」が口癖の私

この癖早く直さないとなー

と意識はしておりますが

やはり口から出る

発言は正直なようで

目標達成なんかも

つい現実的なところがでて

無意識でブロックがかかっていて

目標自体がしぼんでしまったり

弱気な発言もついつい

 

情報を取りに行く

自分から主体的に動く

ことは

自分では出来ていた

と思っていましたが

それは「会社員」としては

「比較的できている」

というレベルであって

個人事業主」としては

まだまだ甘い。ということに

日々気付かされております

 

わたしが少しでも弱気な発言をすると

「あれ?そんなんでできると思ってんの?」

といたずらっぽく

メンターにはつっこまれます(笑)

 

願いをかなえたいという時

人間にできることは

「結果を決めてオーダーするだけ」

 

それは

「完了口ぐせ」にすること

例えば

「世界一周しました」

「年収2000万円になりました」

という明確な結果を口にするだけ

 

日本語には「言霊」という

言葉がありますが

昔から日本人は

そういった力を

自然と体感していたのだろうと

感じる今日このごろ

 

引き寄せの法則とやらも

きっと同じ

お互いに必要な人に

出会うべくして出会う的な

 

東京に来てから

本当に人の縁に恵まれていると

感じており

以前、私の信頼する占い師さんから

「東京はMichelle84さんを歓迎している」

というお告げ?(笑)

のままの展開になっております

 

今を作り出しているのは自分自身

誰のせいでもなく

自分が生み出した現実

だったら楽しい方がいいに決まっている

 

そして、今までの自分よりも

バージョンアップしたかったら

生活習慣から

なにから

変わらなければ

新しい自分に出会えるはずがない

 

人は自分自身の成長を

感じられることが嬉しい生き物

 

達成感を少しづつ

積み上げて

気がつけば

こんなところまで来ていた

と2017年の年末に

私、できちゃった。

と笑っています(完了形!)

 

今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました

Nice meeting you:-) 

 

Michelle84でした

 

人生設計のアプローチ

キャリア/働き方 日々の徒然

久しぶりに

満員電車にのったときに

感じたこと

 

「陰な空気」

 

基本、下をむいて

スマホをいじっているか

寝ているか

何も考えていない風な

無表情で基本顔は暗く・・

 

最近、自立している

明るい人達と

接していたのと

電車も空いている時間に

乗るので

その空気感が

なんだか怖く

 

以前の会社員時代の

私も乗っていたのですが

こんなんだっけか?

の会社員の方々(おそらく)

 

彼ら、彼女たちは

 

 「仕事」

   ↓

「収入・時間」

   ↓

「ライフスタイル」

 

なんだと

 

 逆に、明るい人達が示す

人生設計のアプローチは

 

「ライフスタイル」

   ↓

「収入・時間」

   ↓

 「仕事」

 

なのだと

 

そうなるきっかけが

「満員電車がきらい」

という人も多く

やはり、その空間は

誰もが嫌い、苦手に違いない

 

都会に住んでいる

会社員なら

仕方ないのことかもしれませんが

それって本当に

避けられないのかな?

と自分自身に問いかけて

みることが

まずは

人生設計を考える

きっかけになるかもしれません

 

ちなみに

私はもう会社員には

戻れない体質になっております(笑)

 

今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました

Nice meeting you:-) 

 

Michelle84でした

 

 

 

 

 

幸福の5条件

キャリア/働き方 日々の徒然

スイスの心理学者

カール・グスタフユングによると

幸福の5原則は

1健康であること

2ほどよいお金があること

3美しいものに感動できること

4人とうまくやれる能力をもっていること

5朝目覚めた時、やるべき仕事があること

 

通勤ラッシュの時間に

電車に乗らなって久しいのですが

とある用事で

帰りが終電まぎわになり

金曜日の夜の

終電間際の電車に乗った時に

社内の雰囲気に

嫌悪感をいだきました

 

ずっとここにはいたくない

「陰」な空気が漂っている感

 

仕事のうさをはらすために飲んだと思われるアルコールに飲まれている人

スーツをきて疲れた顔で半分寝かかった人

席に座っている人は

寝ているか

スマホをさわっている

(読書とかではなさそう)

 

なんでしょう

自分が異国にきたような気がしました

 

冒頭の5条件でいうところの

1健康であること 

→疲れ切っていて、余力なし

2ほどよいお金があること

→あるかもしれないけど・・・その対価って?

3美しいものに感動できること

→そんな余裕なさそう

4人とうまくやれる能力をもっていること

→やれないから酔いつぶれるのでは?

5朝目覚めた時、やるべき仕事があること

→間違いなく「会社行きたくない」とおもってそう

 

満員電車が好きな人は

ほとんどいないと思います

でも、それに乗らなくて

いいようにしようと考える人は

案外少ないのかもしれません

 

会社員が悪いわけではないのですが

自分で選んだ働き方で

ユングの幸福の5条件

満たせている人って

どれくらいいるのだろうか?

 

もちろん独立したって

自由はきくけど

その他の不安定要素と

つねに向き合う必要はある

(主に金銭面で)

 

20代で気がつくのか

40代で気がつくのか

定年後に気がつくのか

もしくは

亡くなるまで気が付かないのか

 

どちらにせよ

自分の人生なんだから

人のせいにはしてはいけない

 

今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました

Nice meeting you:-) 

 

Michelle84でした