「インディ2.0」 自分なりのライフスタイルの法則

精神的、経済的に自立したナチュラルな生き方

天職に関する7つの質問

三凛さんのワーク

28日間終了しました

環境が整わなくて

出来ない日もあり

まとめてやったりもしていましたが

やりきりました

 

28日後の変化を

味わってみると

 

もともと

引き寄せ系の類書を

呼んでいたベースもあって

それが更に強化された感あり

 

自分がさらに

日々ご機嫌でいられることを

実感しています

 

あとは

感情の振り幅が

小さくなったことも

体感としてあります

 

そして、あらためて

天職・ライフワークがわかる7つの質問に

再度考えさせられることに

 

この質問にこたえることができたら

それが天職です

 

ホリエモンのいうところ

「好きなコト」「没頭できること」

 

・この仕事、生まれ変わってもやりたい?

・この仕事、お金がもらえなくても楽しい?

・この仕事、周りの人も幸せにする?

・この仕事、無人島に流れ着いてもやりたい?

・この仕事、お金を払ってでもやりたい?

・この仕事、周りの人から「あなたにあってるね!」とか「もっとやったら?」とか言われる?

・この仕事、少しでも時間があったらやってしまう?

 

この7つの質問にすべて

「Yes!」と回答できたら

天職・ライフワーク

 

そうなると・・・

仕事ではすでにないような

 

私は自信をもって

「Yes!」と言えるのが多いのは

 

ブログを書くこと

 

ただ、リアルに

私を知っている周囲の人からは

書く人ではなく

喋る人認定なので

「あなたにあってるね」とは

言われない事実もありますが

ありがたいことに

文才在るねと

いわれることもあるので

その点は甘くつけるとして

7つ当てはまるのは

ブログを書くことなんです

だからこそ

1000文字近い文章を

こうして300日を超えて

毎日更新できてます

 

読者数が

いくら少なくても

イイねがなかったとしても

たいして気にせず

ただただ日々の徒然を

アウトプットするのが

好きだし楽しいです

 

毎日、日々日々

新しい出会いがあり

そこで感じることが

毎回あるので

ネタにもそれほど困らず

 

ワードプレス

移行しなきゃなー

と思い始めてから

すでに半年は経ってます

 

たまにタイトルだけをみて

こんな記事あったっけ?と

数ヶ月前の

投稿を見るのですが

その時の感情が

思い起こされます

 

ほんと

リアルな日記

そのものです笑

 

ちなみに

三凛さんの

ワークの初日の動画の

視聴回数60,312

28日最終日の

視聴回数 4,251 回

(ある時点の日付です)

 

単純に計算してみると・・・

7%の人しか続いていないということ

もちろん、まだ途中の方も

いらっしゃるだろうから

一概には言えませんが

これまた10%の人しか

やらないって法則は

正しいんですね

 

あなたは「天職」の質問の結果はいかがでしたか?

 

今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました

Nice meeting you:-) 

 

Michelle84でした

すべての教育は洗脳である その2

昨日からの続きモノ

*イイねをそれぞれの方に

トリプル!でいだたき

共感してくださった(と思われる)方

ありがとうございます!!

 

「学校はいらない」と豪語する

堀江さん

 

ここで面白い例えが

「貯金」と「学校」の捉え方

 

「貯金」と「学校」に対する

ひとびとの価値観は合致するそう

 

いざというときのために

お金、学歴、資格、スキルを

「蓄えるべき」だと

そして、我慢や節約をベースとした

「貯金型思考」

蓄えることに不可欠なマインドは

 

「我慢」

 

貯金とは

「財産を使わなかった=我慢した量」

 

逆に「投資型思考」に

必要なマインドは

勇気やワクワク感

 

投資とは

「お金を使うこと」

的確に先を読み

自分がいいと決断したところに

積極的に使わなければ

リターンは決して得られない

 

貯金型思考を支えるのは「我慢」

投資型思考を支えるのは「先読みと決断」

 

我慢は没頭する力を押し殺し

人から本質的な学びの機会を奪う魔物

 

これって

人生100年あるとしたら

あなたはどうするの?

の問いに

 

「老後の楽しみのために苦しい会社勤めに耐える」

「老後が不安だからいまからやりたいことを我慢して老後に備える」

 

という発想につながります

 

LIFE SHIFTでも提唱されていますが

できるだけ長く働き続けること

そのためには

「楽しい」ことや「好きなこと」

じゃないと続かないからこそ

「自分のルールで好きなことをやる」

という思考で

気がついた時に(今)

動けるかどうかなんだと

 

1つの仕事に飽きたら

別のことをし

働くのが本当に嫌になったら

それも中断する

お金がなくなったら

また好きなことをして稼ぐ

そう決めてしまえば

「定年」という考え自体に

とらわれなくなる

 

いちいち年齢で人生を区切るのは

工業労働時代の名残

 

働き方改革とか言っちゃってる人達が

この本質本当に理解してるんかなー??

 

堀江さんの考えを

よく理解せずに

自分達のもってる

旧態依然の価値観だけで

けしからん。とかいって

感情論だけで

うわべだけの

「国民を生かさず(活かさず)殺さず」の

働き方改革の案とか

つくっちゃってるんですね

きっと

 

自分自身の

「楽しい」や「嬉しい」という

関係ない人でも

笑顔になっちゃうような

感情をシェアしてつながる時代に

そのつながりが

関わった人全員に豊かさをもたらす

共感力と

それに反応、行動できる感性

 

義務教育が成績が悪くても

行きていく上で大切なのは

「生きていく力」

 

自分が学生の時に

成績がいい人よりも

ちょっと自分の道をいってる人のほうが

かっこよく思えたのは

本能だったのかもしれませんね

 

あなたは「楽しいこと」「没頭できること」ありますか?

 

今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました

Nice meeting you:-) 

 

Michelle84でした

すべての教育は洗脳である その1

「本音で本質をえぐる発言が人気を集める敏腕実業家」

ってどなたでしょう?

 

答えは

ホリエモンこと

堀江貴文さん

 

タイトルが気になったので

読んでみました

 

21世紀の脱・学校論

 というサブタイトル

 

*以下引用

どんなに不満があっても、どんなに理不尽な状況におかれても、それを耐え忍ぶ事を美徳とし、耐えしのいだ先にこそ「成功」が待っているかのような言説がまかり通っている。ほとんどマインドコントロールに近い不条理なこの呪いが、この国全体を覆っている。その原因はなにか?

「学校」なのである

旧態依然とした学校教育の中で、日本人は洗脳されている。やりたいことを我慢し、自分にブレーキをかけ、自分の可能性にふたをすることを推奨する恐ろしい洗脳が、白昼堂々なされているのが今の学校なのだ

 

よくわかったような口で

「日本の教育が悪い!」

とおっしゃる方は

たくさんいらっしゃいますが

堀江さんほど

学校を介した「教育」が

どうして悪いのか?を

言語化出来ている人は

いないのでは?

 

もちろん

「使いやすい労働者」を

大量生産するには

学校というシステムは

とても良く働いているのですが

百マス計算法で高名な

陰山校長先生

 

「勉強とは何か?

それは「集中する練習」です。

長年教壇に立ち続けた末にたどり着いた

私なりの答えです」

 

堀江さんはこの著書で

「没頭するものをやったらいい」

とおっしゃっています

 

そこらへんの

思想のベースは

一緒かもしれません

 

百マス計算が好きな子は

それに没頭したらいいし

スポーツが好きな子は

それに没頭したらいいし

読書が好きな子は

それに没頭したらいい

 

とはいえ

5教科ひととおり万遍なく

できないといけないとされている

教育をうけた我々は

おとなになって”はた”と

何に没頭したらいいかに

戸惑うのです

 

堀江さんは

「やればいいじゃん」と

でも、あれこれ理由をあげて

先送りする人ばかり

 

自分を没頭まで

追い込むための最良の方法は

「自分の決めたルールで動くこと」

与えられたルールではなく

自分でやると決めたことを

する時に人は

「楽しい」と感じる

 

ワークライフバランスではなくて

「やりたいこと」か「やりたくないこと」

という2つの区分を持つこと

そう「やりたいこと」をやるには

脱洗脳!!

 

今日はここまで明日に続きます

 

今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました

Nice meeting you:-) 

 

Michelle84でした

踊り字

PC入力で困る文字

 

「々」

 

これってなんて読むんだろう?

っておもってぐぐってみたら

 

なんと

読み方は無いそうです笑

 

踊り字といわれる

記号の一種で

漢字はないそう

 

これは知らなかった!!

 

カタカタの「ノ」「マ」に

みえることから

「ノマ」と呼ばれることが

あるそう

 

これまた知らなかった・・

 

そして肝心の文字入力の際は

「おなじ」

「どう」

「くりかえし」

で変換候補がでてくるそう

 

やってみたら

確かに

 

おおおおお

 

これは感激!!

 

私はいつも

「等々」と打ってから

「等」を消してました

 

なるほど

「おなじ」とタイプしたらいいんだ!

 

誰かにちょっと

伝えたかったので笑

 

もしすでにご存知だったら私の無知をお許しください・・・・

珍しく日本語の豆知識

シェアさせて頂きました

 

 

今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました

Nice meeting you:-) 

 

Michelle84でした

人の6つの快楽

人間は快楽を求め

痛みを避ける習性がありますが

「人の6つの快楽」

という記事をみかけたのでシェア

 

1 悩みを引き出してもらうこと

2 悩みに共感してもらうこと

3 夢を見せてもらうこと

4 具体的にやることをまとめてもらうこと

5 ワクワクさせてもらうこと

6 今すぐに知れること

 

メンタルブロックも自分で

外せないといいますが

通常人は忙しくて

自分の悩みを直視する

時間もないので

それを引き出してもらえ

共感してもらえると

そうそう!ってなって

相手についつい

喋ってしまうんですかね

人は自分のこと語るの大好きですから笑

 

女性には「共感」を

男性には「解決」を

とはよくいったもので

この6つは

性別関係なく

共通する人間として

求めていること

4,5あたりは

独立心または自立心が

旺盛な方だと

自分でやるわ。それくらい

と思っている節が

あるかもしれませんが

人から与えられる

エネルギーのほうが

強力なこともあるので

そのベネフィットも

体験しておくとよいかと

 

一緒にいて楽しい方は

自然とこういった要素が

さり気なくできているのでしょう

 

人は楽しいところに

寄ってきます

痛みをさけて笑

 

最近の風潮として

「自分が楽しいことをやろう!」

っていうのがありますが

お掃除 X ときめく

と表現したところが

ありそうでなかった発想

目のつけどころが良いわけで

 

エレガントなクロージング

できる人は

こういった事を

自然に(もしくは計算して)

やっているからこそ

契約がとれたりするのでしょう

 

そして基本は

顧客の悩みを聞きだし

私ならそれを解決する

商品をもっていますよ!

とエレガントに誘導

「今すぐしりたい!」心理を

上手く誘導してクロージング

とあいなるわけです

 

そして身のこなしも

スマートだったり

するんですよね

 

傾聴はまだまだ課題です

 

あなたは「悩み」を誰に聞いてもらう場所ってもっていますか?

 

今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました

Nice meeting you:-) 

 

Michelle84でした

糟糠の妻はなぜ捨てられるのか その2

昨日の続き

です

 

成功した男性には

「お金」「名声」「モテ力」

が備わるそうな

 

こちらの著書によると

糟糠の妻はなぜ捨てられるのか
糟糠の妻はなぜ捨てられるのか
 

 

年収別に (前提は男性です)

年収1千万円以上なら3割以上

年収2千万円以上なら5割以上

年収3千万円以上なら9割以上

に「愛人」がいるそう

 

年収3千万円あると

不動産を除けば

だいたい欲しいものを

躊躇なく買うことが

できるようになるから

 

不倫の図式は

夫と妻の見ている世界に

埋められないギャップができること

そしてそのギャップに

愛人が入ってくることにより成立する

 

夫が女遊びをして

また元気を取り戻してくれて

仕事をこなせるのならばと

愛人の存在を

見た目は穏やかに

振る舞っていた奥様が

多いと思われる中で

田中角栄の奥様はなさんには

結婚前に約束したという

話があるそう

 

「決して出て行けとはいわないこと」

「自分をあしげにしないこと(雑に扱わないこと)」

「将来あなたが成功をして世に出て、皇居の2重橋を渡るような日があったら、必ず自分を一緒につれていくこと」

 

そして

 

「それ以外はどんなことにも耐えますから」

 

実際に田中角栄には

何人かの愛人がいて子供も

できたそうですが

愛人や子供に別れると迫ったり

慰謝料を迫ったり

しなかったそう

そして最後まで夫と添い遂げたそう

 

糟糠の妻の鏡のような方ですが

これは夫の才能や能力に惚れ込んだタイプ

 

角栄さんクラスだと

もう何もいえませんよね

 

夫に愛人ができたとしても

私のほうが夫を理解している

夫を幸せにできるのは私

と絶大な自信を持っている

だから愛人に対して

目くじらをたてず

いつか私のところに

夫は帰ってくると

じっと待つ

 

何も言わずに

じっと見守ってくれているとしたら

男性にとっては

逆にプレッシャーですよね

 

不倫関係の話に

なってくると

どうしても女性のほうが

不利に感じてしまい

昔の私なら

女性のほうが損!!

と鼻息荒くなっていたところですが

男女ともに

魅力的な人に

異性が目を向けるのは

本能的に仕方がないのだと

40代に入って

オトナの見解としての

諦め感はあります

 

男性は基本的に

面倒なことは

避ける傾向にあるので

自宅が帰りにくいと

または居場所がないと

簡単に別のところに

回避します

いくら稼いでも

家ではATM扱い

それ以外に使える

自由なお金を

使うところがないと

つまらないので

いきおい女遊びに走り

スリルを味わうわけです

 

女同士の戦い?で

勝利するのは

最終的には

「母性」を持ったほうだけ

 

女性は同性受けしかしない

女子力よりも

男性をいつ何時でも見守る

「お母さん力」をつけることが

最強の花嫁修業なのかもしれません

 

あなたは「お母さん力」必要だと思いますか?

 

今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました

Nice meeting you:-) 

 

Michelle84でした

糟糠の妻はなぜ捨てられるのか その1

とあるコンテンツ作成のために

「モテる男の条件」

なるものがあるのかと

ネットサーフィンをしていたら

 

モテる=不倫

 

というキーワードが

成り立つようで

大西明美さんという

結婚相談所を経営されている方の

記事に流れ着きました

ふむふむと読んでいたら

彼女の最新刊の著書が

目に入ったので

読んでみることに

糟糠の妻はなぜ捨てられるのか

糟糠の妻はなぜ捨てられるのか

 

 

男は成功すると

下積み時代を支えてくれた

パートナーを捨てて

もっといい女を選ぶという

 

そしてその分かれ目は

 

年収1千万円

 

男性は年収1千万円を超えると見える景色も周りもかわる

 

でたっ!

「景色が変わる」(笑)

 

年収1千万円くらいでは

実は税金が高くて

会社員とかだと

生活レベルは

それほどあがらないのだけども

なんだか大台にのった

印象はありますよね

 

著書では

①仕事の質が変わり

  ↓

②まわりの評価が変わり

  ↓

③モテる力が変わる

 

そしてモテだした時に

「男性としての自信」を

さらに高め

三種の神器である

「お金」「名声」「モテ力」

を手に入れて

この数式にはまるのだと

 

不倫の危険性

=(時間的制約(家にいない)+過剰なエネルギー)X女性

 

女性はお金に弱い

というか

正確にいうと

「お金の使い方」に弱いのだと

不景気が続く世の中で

お金の使い方が良い男性の

モテ度は否応なしに上がります

 

「糟糠の妻」が

成功した男性に

あわせて成長していると

よいのですが

世の中そうはうまく行かず

夫にとって

 

「つまらない存在」

 

になっていることが

捨てられる大きな要因

 

とはいえ不倫相手は不倫相手

 

じゃあどうしたら捨てられないか

というと

 

落ち目の時に支えられるかどうか

不遇になった時に

支えられるかどうか

 

お金や名声で寄ってきた女性は

それらを失った後にも

隣にいてくれるかどうか

 

「あなたなら大丈夫」

といえるかどうか

 

「私はいつでもあなたの味方よ」

といえるかどうか

 

ウソがつけない女性を

まず妻にすることが

第一条件になるかも知れませんが

このセリフって

男性にとっては

一撃のひとこと

女性だって

相手に対して信頼がないと

言えないと思うのです

 

そう思うと

専業主婦って

リスク高いですよね

でも、年収の高い男性の

奥様はだいたい専業主婦

なんだなこれが

 

このレビューは明日に続きます

 

今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました

Nice meeting you:-) 

 

Michelle84でした