「インディ2.0」 選択肢がある人生を

勝間和代さんのサポートメールに反応して、自分なりの考えを徒然するブログ

日本人はなぜ論理的思考が壊滅的に苦手なのか

*はじめての方は

こちらを御覧ください

このブログについて

 

本日はサポメのレビューではなく

こちらの記事で感じたことを

 

日本人はなぜ「論理的思考が壊滅的に苦手」なのか

https://toyokeizai.net/articles/-/288272

 

勝間さんと同じく

出口さんも

私の中で

人生の師匠であり

いろいろな視点を

くださる方です

 

働き方については

前回のブログに

書いたのですが

michelle84.hatenablog.com

 

日本という国は

GDPはすでに中国に抜かれてるものの

株式市場の規模は

NY、ロンドンについで第3位

日本の人口は世界第10位

そしてそれを支える

世界第4位と評価されている優秀な人材

 

とはいえ、、

日本企業は

 

平成元年

時価総額で世界TOP50社に32社

平成30年

には唯一の1社のみ

しかも35位

データ参照元

>平成元年と平成30年の「世界時価総額ランキング」を比較すると、バブル期の日本が相当ヤバかったし世界の変動も見て取れる
https://togetter.com/li/1259348?fbclid=IwAR2q8dsbD6GbmX6rVJOegeEC85YcYHAgTlSB4g7ofwaOf7CQ_ySJKw1auUw

 

実は、Japan as NO1.の時代は

とうの昔に終焉していて

先進国最低の世界第28位の生産性


OECDの調査でGDP

先進国最低の公的教育への教育支出

 

と思っているほど先進国ではない現実

 

そしてそういった現実を

知らない人に限って

根本は教育が問題だ!

「教育」を変えよう

と声高にいうのですが

 

じゃあどうやって??

を出しても

変えようとしないのです

 

学力をあげる策は

教師や専門家は

データや実績、経験値など

ありとあらゆる

リソースがあると

思いますが

 

勝間さんのサポメであった

100マス計算法の

隂山英男さん
がおっしゃっていたのは

 

>100マス計算法など、先生が思い込みによる授業を行うよりもよほど効果のある学習方法はなかなか全国に普及できていない。なぜか?

 

「これまでのやり方を否定されるような気がする嫉妬からですよ」

 

と教えてくれたそうです。

 

*以前、隂山先生について書いたブログはこちら

 

隂山先生ご自身も

相当なインフルエンサー

あるかと想像できるのですが

 

そういった方を

支援するならともかく

否定から入っていることが

問題だと思えないことが

問題だと私は思います

 

今回ご紹介した記事に

アトキンソンさんが


>一番の原因は、日本人が「分析をしない」ことにあると思います。

*中略

しかしその時(高度成長期の時期)を「日本ってスゴイ!」と喜ぶだけで、何が成長の要因だったかキチンと検証しませんでした。さらには「日本人は手先が器用だから」とか、「勤勉に働くから」とか、「技術力がある」からなど、直接関係のないことを成長要因としてこじつけてしまい、真実が見えなくなってしまったのです。

 

平成30年の

時価総額ランキングをみせられて

ショックではない

日本人は少ないと

私は思うのですが

 

その現実を見て見ぬふりをして

 

でも、日本人(企業)は

世界第4位と評価されている優秀な人材

(で構成されている組織)

として

まだまだ日本も捨てたもんじゃないと

別の安心先を求めるのです

 

同じように

「日本人はチームワークがあるから」

とか

「勤勉だから」

 

本質から目を背けた人にとっては

とても誇らしい表現なのでしょうが

 

私からすれば

 

世界の企業から

日本語しか話せないという

弱点をつかれ

リーダシップを学ばないまま

社会人になったため

世界水準の

マネージャー職(管理職)

にはなれず

気が付けば

3か国語は当然話せる

外国人上司のもとで

働くことに

 

働く場所にも

環境にも

文句もいわず

デモも起こさず

家族も顧みず

残業にも応じ

会社に尽くして

言われたことは

きちんと

最後まで

やりぬく

(自分が倒れるまで)

 

なによりも

モラル感も比較的高い

 

とても「雇いたい」人材

 

しかも・・

 

格安!!

(世界平均で3割安)

 

そのうち

円安になってくると

ますます激安扱いなのでしょう

 

「日本人は優秀だから」

世界一雇いたい人材

一緒にビジネスする相手ではない

(あくまで使用人どまり)

 

という構図に

なりつつあると

気づいている人は

どれくらいいるんですかね?

 

これからの働き方について考える その2

はじめての方は

こちらを御覧ください

このブログについて

 

その1の続きです

 

このトピックについては

私もおもうところが

いろいろありまして

 

会社員時代は

ある意味

「働きやすさ」を

求めていたので

もてあまし感があったと

自覚しているのですが

 

いざ、会社員という

立場を離れてみて

思うことは

 

〇〇しないと

とか

〇〇じゃないといけない

とか

失敗したらどうしよう

とか

 

やってもいないことを

ぐたぐた考えるという

思考の枠が

とっぱらえたのが

一番大きいと思っています

 

人は自分の生きている世界が

すべてだと思いがちですが

別の世界で生きている人も

いるわけで

 

世の中パラレルワールド

 

同じ景色なんだけど

見えてる景色が違うんです

 

会社員時代は

起業なんて

全く考えもしませんでしたが

雇われていること自体が

リスクなんだと

知った今は

だったら

自分でどうにかしよう

と考えるようになりました

 

お金ははいってくる

と実感が伴ってくると

ますます

人を雇うことはあっても

雇われることには

想像できなく

なっている自分がいます

 

立ち位置が変わったんですよね

景色が変わったんですよね

 

私にとって勝間さんは

会社員時代は

会社という組織を生き抜くための

キャリアを積んだ女性として

方法をいろいろ教えてくださる方

でしたが

 

最近は

彼女から発信される

情報が1つ1つ

これからの時代を

読むヒントになりつつあります

 

今はサブスクリプション

(会員制ビジネス)

が最強だと

認知されつつありますが

それだって

いろいろアンテナをはってないと

気づけないし

知らないのです

 

消費者は加速度的に

「賢く」なっています

そんな消費者に

よりそい

ありそうでなかったもの

ほしかったもの

 

いわゆる「価値」を

提供できる企業(人)が

一人勝ちしていく

世の中なんです

 

サポメで印象的な一文があったのですが

*以下引用

>どのくらい気合をいれて作った動画とかどのくらい根性をかけて作ったかどうかは関係ありません。結果がすべてなのです

 

働き方に関しては

気合、根性、頑張りを

死語にしていく

 

というタイトルを

勝間さんはつけられていましたが

 

生産性という単語に

してしまえば

明解なのですが

 

その生産性を上げるために

誰だって

どこかで、何かしらの

気合、根性、頑張り

=習慣を変える意志、力

があってこそ

 

その経験があるかないか

経験のある人にはわかります

 

やらないと見えない世界があるのです

 

これからは

「生産性の高い分野でのガチの厳しい競争を生き抜くか」

「生産性の低い分野でこれまで通り働く」

 

の2択だと

 

前者と後者の差が

どんどん離れていくのですが

後者の人だけが

見えていないのです

 

だからこそ

自分が得意で好きなことに

キャリアをよせていかないと

自分自身がやり続けられないのです

 

そんな後者の人に

なってませんか??

と勝間さんは

優しく世の中の人に

自分の試行錯誤を

オープンにしながら

問いかけているわけですが

 

届いてほしい人には

案外届いていないものです 

これからの働き方について考える その1

はじめての方は

こちらを御覧ください

このブログについて

 

たまたまTVをつけたら

こちらの番組の番宣で

「私、定時で帰ります」

https://www.tbs.co.jp/watatei/

 

世の人のドラマの登場人物への

共感ポイントを

世代別に紹介していたのですが

 

 今週の勝間さんの

サポメのタイトルのように

世の中の人は

働き方に迷っている

のが世相として

浮かび上がります

 

人は残念ながら

今いる環境に影響されてしまうので

 

自分だけ定時に帰るのは

 

気がひける

とか

同僚に悪い

とか

 

一般的には

罪悪感が先に立つ傾向が

あるかと思いますが

 

私は会社員時代は

外資系にいたのもあり

どちらかといえば

定時で帰りやすい

環境でした

 

そして、誰かが

子供が熱をだして

出社しないとかも

 

あー。そうなんですね。

 

といえる職場のほうが

いいと思っていたので

そういった職場を

選択していたと

思います

 

だって、間違いなく

そういった環境のほうが

 

不文律として

本人の努力に関係のない点を

不要に責めないことが

「安全性」が高いので

仕事以外の余計なことに

神経を使わずに済むので

一人一人の生産性が

高くなり

働きやすい環境だと

私は考えます

 

勝間さんが今週のサポメで

「仕事ごっご」

というワードをあげていました

 

*下記引用

>仕事ごっこというのは顧客の価値とは全く関係のないところで、何らかの仕事をしているので、私はおままごとのようなイメージで「仕事ごっこ」と呼んでいます。

 

会社の利益にならないことを

一生懸命やる

生産性の低いことを

やっている従業員群

 

そして、私も会社員時代に

みかけたことがあります

 

そういった人が

自分の地位を守るために

顧客への配慮を

おろそかにして

社内政治にせいをだし

どーでもいい

裏紙使え攻撃

なんかを声高にいったり

するんですよね

 

いやいや

客観的に考えて

あなたに払っている給料のほうが無駄(笑)

 

勝間さんもいってます

 

*下記引用

>だからこそそういう人たちは意識的にも無意識的にも、会社全体の生産性が上がることを全力で阻止するのです。

 

だから、社内いじめ

とかあるんですよね

 

勝間さんは

ちょうどこのサポメの週に

とある中央省庁の委員として

政策の審議会に参加されたそうですが

 

出席者8人(勝間さんはこのうちの1人)

説明している省庁の官僚19人(実際に説明するのは3人)

取り囲む人たち ざっと60人

(主に、省庁のいざというときの人員とメディア)

 

2時間の会議に87人の人が

同時に出席しないと

いけない理由って???

 

目的が

政策審議ではなく

省庁が提出した書類の

答え合わせを

しているかのよう

 

まさに仕事ごっこですよね

 

責任逃れをしているような

印象もあります

 

なにかにつけ

責任を取りたくない人達

 

年金問題もそうですが

こういった審議ばかりで

仕事ごっこ

している人たちを

妄信的に信用して

騙された!

とかいうよりは

 

自分で自分の人生を

コントロールできる

場所にシフトしていったほうが

よいと思うのですが

 

そして、

そういったことに

気づいている企業(人)と

気づいていない企業(人)

の格差は

どんどん広がっていますよ

 

仕事ごっこ

しているうちは

そんなこと

気づきもしないんだろうな

 

その2に続きます

余裕(スラック)をつくる習慣術

はじめての方は

こちらを御覧ください

このブログについて

 

久しぶりのサポメレビューです

 

スラック(余裕)については

以前もブログに書いたのですが

michelle84.hatenablog.com

 

勝間さんのサポメ

というか

彼女の考え方のベースにある

筆頭の1つと思われる

 

「スラック(余裕)」

 

タイトルは違えど

何回もサポメには登場する

単語で

サポメ読者には

すでにおなじみで

相当刷り込まれていると

思われます

 

私もその単語を見るたびに

「あれ?私、今スラックあるかな??」

と自然とふりかえっている

自分がいたりします(笑)

 

今日のサポメを読んでいて

勝間さんは面白い指摘を

されていたのですが

 

”政治家が失言が多いのはスケジュールの詰め込みすぎではないかと”

 

なぜなら

 

”体力よりもなによりも、私たちの意志力、すなわち気力が一番先に尽きてしまうから”

 

最近はずいぶん世相が

変わってきつつありますが

 

いまだに

日本人=ワーカホリック

24時間戦えますか?

(古っ!)

=体力あるのは前提ですよね??

 

というコンテクストが

ある気がしてならなったのが

 

今回の勝間さんの一文

で、そうですよね!勝間さん

おっしゃる通りです

 

政治家とかは特に

体力自慢の方が多いので

その自負こそが

(老いていくことを受け入れられない)

「私がそんなミスをするわけがない」

という思い込みが

命とりだったりするわけです

 

だからこそ

本当の「スラック」がわかっていない

政治家たちが

働き方改革」とかいっても

机上の空論にしか聞こえず

 

もう一度引用します。

 

”体力よりもなによりも、私たちの意志力、すなわち気力が一番先に尽きてしまうから”

 

が真実です

 

みんな体力だと思ってる

だから、体力の弱い自分、

疲れてしまって

仕事にやる気のない自分を

負け組とか自虐的に

勝手に思い込んで

いたりする

 

意志力は気力と同義で

 

”スラックを管理する上で最も重要なのは、意志力になります。また、この意志力も日々の生活の中で多少マイナスになったとしても、ある程度対応できますが、マイナスが膨らみすぎてにっちもさっちもいかなくなって最終的に意志力破綻をしてしまうことすらあります。”

 

鶏が先か卵が先か

な話かもしれませんが

 

まず、スラックをもつ

「意志力」がないと

習慣化できません

 

そして、「意志力」を

使うには

まず、そこに気が付く必要があって

 

残念ながら

そこに気が付くための

「スラック」の

そもそも作り方が

わからない・・・。

 

というのが現状だと思うのです

 

山ちゃんの本にあった

「復讐のガソリン」

ではないですが

 

車のガソリンと同じように

自分自身の

意志力(気力)メーターの

残高が今どれくらいなのか

 

またはどれくらいで

切れそうなのか

 

そして

どうやってそれを満タンに

するのか

 

を客観的にみること

 

いろんな人が提案している

片付けメソッドしかり

時短料理しかり

仕事術しかり

AIがやってくれる自動投資しかり

 

自分がやらないといけないことと

やらなくてもいいこと

 

現代は幸か不幸か

情報量が増大しており

好む好まざるに

かかわらず

その真っただ中にいますが

人間の意志力は

それほど進化していないのです

 
「人間は行動した後悔より行動しなかった後悔のほうが深く残る」

 

どこに自分の時間と気力を

注力するのか

 

人生100年とは言いますが

人生の後半になってから

「体力」がなくなったこと

だけにフォーカスして

やりたいことを

あきらめてしまう自分

 

「意志力」を理解して

自分の今の体力と相談しながら

やれる範囲で

やりたいことをやれる自分

 

あなたはどちらの人に

なりたいですか?

 

天才はあきらめた

今回はブックレビュー

 

有名女優との

結婚会見のニュースで

世間からの

好感度が増している

南海キャンディーズ

山ちゃんこと

山里亮太さん

後出しじゃんけん感が

半端ないですが(笑)

私は彼が大好きです

 

TVでしかみたことは

ありませんが

彼の言葉選びのセンス

語彙力

場の空気の流れを

絶妙にとらえる

安定感のあるトーク

 

などなど

 

顔がブサイクは

あくまでネタであって

私は彼を人として

かっこいいと思うし

彼の考え方や行動は

私はとても尊敬しています

 

自分がプロデューサーという

立場だったら

絶対にキャスティングします

 

そんな気になる

山ちゃんが

本をだしていたことに気が付き

速攻アマゾンでポチしたのは

もう約1年前の

2018年8月

天才はあきらめた (朝日文庫)

天才はあきらめた (朝日文庫)

 

 販売日から1か月もたたないうちに

その時すでに第5刷り

(私はその本の実力を再刷りでみます)

 

 

あらためて

他の方のレビューをみたところ

今日現在で

レビューが☆4.5

 

おおむね肯定的

 

作ったレビューではなく

アンチが嫌がらせをしている風もみえず

自然とできている数字が

 

4.5

 

私が言わなくても

世の中の人は

山ちゃんを

ちゃんと認めているのです

 

「経験は無駄にはならない」

と師匠は毎回

教えてくれますが

 

山ちゃんは

本当に努力の天才

 

お名前は忘れてしまったけれど

ある企業で有名な

キャリアを積んだ女性も

同じように

 

「悔しかったことノート」

を書くことをお勧めされていました

 

人に言えば愚痴

自分で消化すれば

明日への活力

それを積み重ねることは

自分への自信

 

山ちゃんにすると

「書きなぐってきた復讐のガソリン」

ということだけど

 

彼のトーク

つっこみには

優しさがあると

私が感じるのは

 

こういったことを

きちんと消化できているからこそ

 

嫉妬とか

悔しかったこと

失敗したこと

 

すべてを

人にせいにするのは簡単

 

そして、周囲の人が

すべて自分のためを

思って言ってくれていることに

自分に聞く耳

反省の姿勢がないと

雑音や

自分への攻撃にしか

聞こえない

 

それから逃げることは

簡単で

向き合うことには

エネルギーが

半端なく必要

 

でも、その繰り返しがないと

人は成長しないし

磨かれない

 

そしてもちろん

一朝一夕には

到底無理な話で

 

 

どんな世界においても

共通することで

 

その道できわめて人だけが

見える景色が

山ちゃんには

絶対見えているし

まだまだ高みを目指しているはず

 

ふもとにいた頃の自分を

時に横に立たせて

「書きなぐってきた復讐のガソリン」

を開いて

あの頃の自分を

忘れていないからこそ

 

現状にあぐらをかかず

日々前進しているところが

また素晴らしく

 

そこに気が付いた

わかっている人からの

温かい支持を受けるのだと

私はあらためて感じました

 

実際にお会いしたことがないので

あくまで妄想ではありますが

 

いつかリアルで

山ちゃんにあったら

「大好きなんです!」と

走り寄り

「これドッキリなの??カメラどこよ??」

とまごまごしてそうな山ちゃんに

ハグしたい(笑)

 

男性は生き方が顔にでるので

さらに芸に磨きをかけて

奥さんに愛されている

山ちゃんが

ますますいい男になるのを

見守っていたいと思います

点と点が線になった日

はじめての方は

こちらを御覧ください

このブログについて

 

相変わらず勝間さんの

サポメは愛読しており

心の師匠に変わりはなく

 

サポメも毎回、毎週

「そーよね。激しく同意」

という感じで、毎朝みているのですが

 

当初の予定だった

こちらのブログに

文章としてアウトプットできず

な日々が続いておりました。

 

なんでしょう。

 

タイトルは違えど

同じ考え方というか流れの上で

成り立っているという感覚のもとで

点がたくさんあつまっていて

 

結局「本質」はそこですよね!勝間さん!!

 

と、自分ではとてもよく理解できているのですが

これをじゃあ、第三者に伝えられるかっていうと

伝えきれない

 

ここ最近の私は

休憩中だったのですが

 

 

自分の中で

やりたいことや

目指すことが

ふと、思いついたとき

出そうになった時に

メモに残したりして

張り切って

真っ白な紙に書いても

 

点と点があるだけで

つながっていない

 

なんだかその点は

ただの単語で

その単語に集約される

裏の意味を言語化できず

書いてみても

なんだか自分にうそをついているような気がして

自分の可能性を否定しているような気がして

 

そのまま途中なままで

やめたこと数回

 

今、結論出すことじゃないんだ

 

今年は八方塞がりの年だし

仕込み時期ってことね

 

と割り切ってから

(手放してから)

すっと、話が舞い込んでくるものです

 

それはもちろん

自分でもやりたいなー。と

思っていたので

意思表示をしておいた

ということもありますが

 

それだって

勝間さんがおっしゃる

自分が何ができるかを

好きかを

相手に伝えておいたほうがいい

という考え方

 

そうすると

勝手に人はつないでくれたり

協力してくれたりする

 

私は師匠から

お金=信用

信用=お金

 

と習っているので

 

信用される人とは??

相手にイラっとしたときは

「人の振り見て我が振り直せ」

といいきかせしのぎ

 

長期的に付き合いたい方には特に

目先の利益ではなくて

相手のお役に立てることや

相手の時間を奪わないこと

を意識しています

 

そうすると

そういったことを

心地いいと思ってくださる方と

お近づきになれる

確率がぐっと高くなりました。

 

その感覚をお持ちの方は

間違いなく

お金持ち脳

 

そして、本日

その点が線になり

その点だけでない

広がり(未来)を

クリアに自分が感じることができたのです!!!

 

「自分が得意で、やりたくて、儲かる仕事」

 

これでまずは

自分の近くの人を

満たしてあげることができる

仕組みが見つかりました

 

私の目標はまず自分がインディ2.0であること

 

その1の会社員時代の年収10倍!

 

どうなんだろう・・

いってはみたけど

数年でって無理じゃね?

と心にブレーキがあったことを

最近、素直に認めました

 

すると、

そのブレーキがなくなったとたんに

 

なんなら年内に叶いそうなんですけどね

 

という感覚にwww

 

そして2020年には億単位になります

 

日常は準備の日

by 小池一夫さん

ということで

 

毎日0.2%の変化なら

1年後は2倍ですが

1%の変化なら

なんと37.8倍!!なんですよ。

2年なら1400倍!!!!

 

数字はうそをつかないところが

大好きです(笑)

 

大きなリターンは長期目線で

 

このブログを始めてから

いろいろ試行錯誤

してきたことが

つながり

 

本質はやっぱり

正しいこと

 

経験は1つも無駄にならないこと

 

私の天職は

その「本質」を翻訳して

相手のレベルに合わせて

相手に伝えて

気づかせることです

 

ただし、条件があります

 

「素直」で「受け取り上手」

 

な人だけ

豊かになればいいと思っています。

 

全員を助けることはしません

私も相手を選びます

 

そういったことは

別の志のある人が

やってくださればいいと

 

金持ちを貧乏にしても

貧乏人は豊かにならない

by マーガレット・サッチャー

 

お金持ちを妬むのではなく

本心でそうなりたいなら

なれるし、動けるはず

 

その仕組みに

気づけるかどうか。なだけ。

 

何事も自分があがらないと

見えない世界があるものです

 

休憩中

はじめての方は

こちらを御覧ください

このブログについて


それは

とある別のコミュニティに

お互いがそれぞれに参加していて

 

あれ?どこかでお会いしましたよね?

的なところから

 

なんとなくだけど

目立つ女性

 

でも、人懐っこい

 

そんな彼女と

ワイン会の集まりのときに

たまたま席が隣になり

ワインを当てることなんかで

会話を交わした後

 

その方は

ちょうどご主人と

お二人でいらしたのですが

ご主人がその後に

お仕事とかで

お一人になったそうで

 

「なんかお会いできて嬉しかったので、お電話でこの嬉しさをお伝えしようと思って!」と

 

悪びれるもなく

着信アリ

私もその後は特に

急ぐこともなかったので

その後3時間ちかく

駅の近くのカフェで

おちあい

そのまま

閉店まで

語り合うことに(笑)

 

その後にきた彼女の

LINEのメッセージが

 

「同じような自由感覚をお持ちのMichelle84さんと、いろいろお話できて楽しかったです❤またよろしくお願いいたします(*^^*)」

でした

 

彼女はもと看護師で

地元では地主さん的な

お家に生まれ育っており

一家は不動産所得で

生計をたてているとか

 

看護師は

「天職」だと思っていて

今、実母が認知症の傾向が

あることもあり

また、旦那さんが20歳くらい

年上の方なので

介護の練習(笑)

とおっしゃって

 

「最近、看護研修にいったんですよー」

 

とコロコロ笑いながら

話します

 

大阪出身ということで

言いたいことは

言うけど

情にあつい

(自分でおっしゃっていました)

 

今は東京に

住まわれていることもあり

そこら辺の距離感は

わかっているようで

 

わたしも今

どちらかといえば

お金に働いてもらっているのと

自分が好きなことしか

関わってないので

 

ある意味満たされているせいか

 

何がほしいとか

何がしたいとか

「欲」が

無いんですよね-

 

に、お互い共感

 

経済的な感覚とか

自分で時間をコントロール

できている生活が近いと

思ってくださったそうで

 

話題は

「天職」の話に

 

彼女がいうには

自分自身の話で

看護師は「天職」なんだけど

「適職」は生年月日とかで

相手の適職を伝える

仕事だったそう

 

それも、人から言われて

はじめて

口コミで広まって

暗記するとか

努力しなくても

さくっとできたそうで

 

そういう彼女なので

人をよく見ていて

人の傾向を知っていて

 

そんなこんなで

私と話していると

私の考え方のくせが

わかったようで

 

こういう人だなー

というのも

バレバレでした(笑)

 

「自分が努力しなくても

できちゃうところは

それが得意なことなんです」

 

と勝間さんと同じことを

おっしゃいます

 

私も最近あらためて

 

Rice work

Like work

Life work

 

がクリアになってきたのですが

その方によると

今の私の方向性は

間違っていないようで

 

ただ、一言

 

「Michelle84さんは、休憩中なんですね」

 

私も実はわかってます

自分が得意なことで

人に、社会に貢献できること

 

実際に「価値」を認めてくれる人も

いるので体感もしています

 

ただ、全体がみえるがために

それをやること自体が

めんどくさいと

おもっているし

生産性低いのが

わかっているので

あえてやらないようにしています

気づかないようにしています

 

それだったら

一人で自己責任で

完結できて

パートナーと

自由にすごしているほうが

幸せだし

楽しいんです

 

そして、それが

 彼女にすると

 

「休憩中」

 

だそう

 

私は言い当てられた感が

ありドキッとしました

 

「それは、社会にとって必要なことだし、自分も満たされるから、やる日がきますよ」

 

となんだか

神のお告げですか??

的な感じで

言われたのですが

 

私の誕生日を

お知らせしたので

次回会うときまでに

みてくださるとか。

 

まだしばらく

「休憩」させてほしいとは

思っているのですが

 

そろそろ

引っ張り出されるのでしょうか・・・

 

点が線になるのかも

 

そして、勝間さんの

サポメのタイトルは

 

「自分が得意で、やりたくて、儲かる仕事に、キャリアを寄せる方法」

 

ほら、勝間さん

また私の現状わかってます(笑)